暮らし

お尻が痛いらっこ。尾骨と座骨が痛い時の応急対処

らっこです。

大きな声で言うことでもありませんが、らっこは痔があります。

 

らっこは痔です。

 

24時間365日痛みがあるわけではありませんが、治ったと思っているとまた痛くなったり、ぶり返しながらお付き合いしている長い悪友です。

早く縁を切りたいのですが、なかなかどうにも離れてくれないのです。

そんな事情もあってらっこの椅子には

 

ぱっと見は普通のクッションだけど中は円座になっているクッション

 

一見普通のクッションに見せかけて中身が円座になっているクッションが敷いてありました。

ところがどっこい。

最近、お尻の真ん中と両サイドが痛むようになりました。

自己判断ではありますが、たぶん尾骨(尾てい骨)と座骨が椅子のかたい座面に当たって痛くなるのだと思っています。

その原因はというと、しばらく前に1~2週間ほどですが、体調を崩してしまい「消化よりも体力回復」と考えて食事を腹八分目にするようにしていたんですね。(今は腹十分目……汗)

なんのことはありません。

たぶん、少し痩せました。

お尻の筋肉と脂肪が落ちてしまったようで、物理的に骨に刺激が届きやすくなったのではないかと考えています。

使っていた隠し円座クッションの防御力ではしのげないくらいの状態に陥ってしまいました。

 

思い出したのが、痩せて寝たきりになった祖母がそういえば、豆粒くらいの床ずれができてしまったことがあったのですが、確かそうだ、尾骨の当たる場所だったと思いました。

骨が当たりやすい場所だから仕方がない――で済ませるにはあまりにも切ないことですが、おばあちゃん痛かっただろうなと、10年以上たってから気が付く祖母不幸者の孫でした。

今回調べてみて初めて知ったことだったのですが、尾骨は人によって数が異なるらしく、少ない人なら出っ張らないけど多い人だと出っ張っているわけですから、当たるのも痛いのも当然なんだとか。

たぶん祖母の尾骨の出っ張りをらっこも引き継いでいるんだろうなと。

 

痩せたことに関しては、食べる量が減ると本当に痩せるんだなあと当りまえのことを当たり前に体感したわけでありますが、食べる量を減らした理由が体調不良。

日中でも横にならせてもらう時間が増えた代わりに活動量は明らかに減っていたため、脂肪はともかくなけなしの筋肉も自分で感じられる程度には落ちてしまっていました。

そろそろ活動量を増やして筋肉も回復させねばと思えるくらいに元気になったらお尻が痛いと(泣)

幸いにして痔はぶり返していないというのに、お尻が痛い!(泣)

ぼんやりと座っていると尾骨が痛くなるので、かばうように背筋を伸ばすと座骨が当たって痛くなる。

こんなループを繰り返していたので、以前からちょっぴり気になっていたこれを薬局で買ってもらいました。

 

ハニカムゲルクッションの箱

 

ハニカムゲルクッション。

お店でツレが、試しに座ってみれないだろうかと店員さんに相談したら、パイプ椅子を持ってきてくださり、試着席(?)させてもらっての購入でした。

(あのときの店員さんへ。親切なご対応に感謝します。ありがとうございました)

絶賛活躍中です。

 

ハニカムゲルクッションの円座タイプ。カバーが付いている

 

クッションには濃紺のカバーが付いていて、ハチの巣みたいな変わった形は隠れた状態で使えるようになっています。

座ってみると、体重が分散されている気配をしっかりと感じられます。

これは買ってもらってよかった……

 

ハニカムゲルクッションに座ってはにかんでいるらっこ。

 

結論から申し上げますと、このクッションのおかげでまったく痛くならなくなったわけではありません。

痛くなりにくくなった

位の表現が当てはまると思います。

長く座っているとどうしても痛みはあります。

根本治療みたいなことではありませんからね。

ただ、現状痛くて

 

お尻が痛いよ~とぼやくらっこ

 

とツレにぼやいていたくらい痛くてどうしようかと思っていたらっこには救世主であることも間違いありません。

よく分からないけど技術ってすごい。

らっこが買ってもらったお店には、円座タイプとスクエアタイプが置いてあったのですが、円座タイプの方厚みが4センチあり、3.5センチ厚さのスクエア型よりも心強いように感じて円座タイプにしました。

円座にしてよかったと思っています。

耐久性は使い始めたばかりでまだわかりません。

水洗いはできないようですし、綿の座布団のように干したり打ち直しをして回復できる素材ではないようですので、何らかのダメージが蓄積してしまったらそこでオシマイだろうなとは覚悟しています。

尾骨や座骨が痛くて椅子に座っているのが辛いという方には、とりあえずクッション変えてみたら?と、お伝えしたいと思います。

根本的対策ではないことは承知の上で、応急処置としては大正解じゃないかしらと。

寝たきりになったおばあちゃんのお尻の下にも、病院の待合室で病院のレンタル車椅子(お尻の下がペラペラの1枚皮で、今なら想像しただけで痛い)に長時間座ったままで待つ間、「お尻が痛い」と訴えたおばあちゃんに、すぐにこのクッションを敷いてあげられたらよかったのになあと。

今の痛みが和らぐと、昔のことを考えられるくらいは余裕ができるのですね。

 

お尻の痛みはあくまでも多少楽になるだけで、痛くならなくなったわけではありませんので、一応スクワットなんかをしながらお尻に筋肉を(できれば脂肪じゃなくて筋肉を)付けたいなあと考えています。

 

椅子に座っていてお尻(尾骨や座骨)が痛くなってしまってクッションを迷っている方がいるとすれば、効果は人によって違うというのが大前提ではありますが、失敗覚悟で試してみないといつまでたっても(たぶん)痛いままですよ、とね、ちょいと昔の自分に対してですけれど。

 

らっこは買ってもらってから調べて知ったのですが、ゲルクッションってテレビ通販などで有名なものがあるようで(それも知らなかった…)らっこが買ってもらったものは税込みで900円にちょいとおつりがつく金額。

もしやばったもんかしら……?と調べるうちにドキッとしたのですが、廉価品であることは間違いないのでしょうけれど、何がどれが同で本物なのかはちょっと種類がありすぎてわかりませんでした。

相性のいいものに出会えますように……

願うことはそれだけです。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

-暮らし

© 2021 らっこぎ