要介護の母親と暮らす家族の日常

らっこぎ

らっこ飯

豚ロースのステーキ。健康診断の結果にお祝い|らっこ飯

らっこが焼いた豚ロースのステーキです。

こぎ父がこぎ母の体のことを心配し、かかりつけ医の病院で健康診断を受診しました。

検査項目に異常はなかったようで、帰りにスーパーで分厚いお肉を買って来てくださいました。

車で病院に迎えに行ったツレが、買い物袋から取り出したお肉をお台所の机に出してくれました。

お肉を見てらっこ。

「ええっと、どうすればいいのかしら」と戸惑ったことは、内緒です。

こんなお肉、触るの初めてです……

らっこがお肉をおいしく焼くには、道のりが……

豚ロースのステーキ

豚ロース 厚いの6枚
塩コショウ 適量
サラダ油 適量

<おまけのタレ>
生姜のすりおろし 大さじ1くらい
しょう油 生姜がひたひたなるくらい
てんさい糖 小さじ1強

参考にできそうなシンプルな焼き方のページを発見。

書いてある通りにはいきませんなあ。

豚ロースのステーキ

1.包丁の先端で、脂身と赤身の境目に切れ目を入れて、焼いているときに縮むのを防ぐ、のだそうです。

(ん?らっこが焼いたら、思いっきり縮んで反り返ってましたけど?)

2.お肉の両面に塩コショウを振り、油をしいたフライパンで焼きます。

中火で2分、弱火で5分、ひっくり返して弱火で1~2分。

(ん?焼き加減がわからないので時間は目安であてにできませんぞよ)

3.焼き色がついて透明な肉汁が溢れてきたら出来上がり。

(ん?肉汁が出たらひっくり返した面に焼き色は付きませんでしたよ?え?美味しいお肉って?え?)

4.おまけ

すりおろした生姜としょう油と砂糖を合わせて、肉汁が残ったフライパンで煮立たせます。

焼いたお肉にかけて食べるとあらまあ、やたら贅沢な生姜焼きの完成です。

 

===

こぎ父がスーパーで買って来てくださったお肉です。

豚のロース肉の切り身6枚です。500~600gくらいあります。

厚みが1cmくらいはあろうかという豚ロースの切り身が6枚。

はてな?こぎ父が選んだのか、ツレが選んだのか聞きそびれましたが、こぎ母はお肉を見て「あまりおいしくなさそうだわ」と思っていたそうです。

焼きあがったステーキを食べたら思いのほか美味しかったようで、上記のように思っていたのだと白状してくださいました。

結果オーライ?本当に?

らっこは、お肉の見分け方にあまり興味がないため、大きいことと、分厚いことと、白い脂身が大きいな、といった感想でした。

一番は、「どうやって食べよう(汗)」でしたけど。

脂身は、切り取ってしまおうかとも思いましたが、切ると一回り小さくなるような気がして、せっかくの大きなお肉の塊、そのまま焼くことに。

「この大きさを塊とは言わない」とかいう感想はご自由に。

らっこにとっては十分「塊」です。

脂身の境に切れ目を入れたお肉です。

脂身の境に切れ目を入れて、焼いたときの縮みを防ぐという。

ぐさくさ。

買ってきたパックのままでやるなって?

まあ、いいじゃないか。

6枚全部に両面切れ目を入れ、塩コショウを振ります。

パックのまま。

豚肉に塩コショウを振った様子です。

お肉のパックの下に敷いてある紙って何なんですかね。

もういらないかしら。はずしましょう。

6枚全部、両面に振りました。

お肉はトングで掴んで作業しました。

ビバトング。

塩コショウを振るのに、手でお肉を扱うのはアンバイが悪い。

菜箸ではトングほどがっつり掴めないので、もっと手間取ってしまいそうです。

ありがとうトング。

ステーキの焼きはじめです。

熱したフライパンに油をしいて、お肉を並べます。

トングで。

これなら熱いフライパンも怖くないわ。

そんな予感はしていましたが、6枚お肉があるのに、一度に焼けるのは4枚まででした。

中火で焼いていると、だんだんお肉が縮まって、赤味の部分が反り返りました。

読んで参考にしたページには、そういえば、フライパンの直径よりも小ぶりな鍋のふたなどを重しにして、できるだけ平らにフライパンに焼き付ける、みたいなことが書いてあったような。

重しがわりの何かを用意していなかったので、らっこはトングで上から押さえつけていました。

トングでは無理がありました。

弱火にして、中まで焼けるのを待ちます。

ステーキを焼いています。

ひっくり返すと、こんなもんかしら?焼き色は付いています。

反り返っていますけど。

切れ目を入れた効果というか、意味はどこに行ったのかしら。

弱火でじわじわ。

透明な肉汁がフライパンにたまっている様子です。

いつの間にか、フライパンに、透明な肉汁がたまっていました。

これは旨味か?流れ出ちゃっているのか?

これが焼けたサインか?

透明な汁が出てきたと思っていましたが、写真で見るとそれほど透明でもないなとか。

一つひとつの工程が、疑問だらけでどうしましょう。

お肉を焼くのは性に合わない気がします。

ステーキを焼こうとしていますが、お肉が見事に反り返っています。

焼けた(と思っている)4枚をお皿に取り、残りの2枚も焼きます。

肉汁の汁で……

いいのかこれで?

と疑問に思ってもなぜか突き進むらっこです。

2回目の2枚は、焼いているとめちゃくちゃ反り返りました。

イナバウアーかと思いました。

ひっくり返すと、焼き色、ほとんどついていません。

気にしちゃいけない。

 

らっこには向いていません。

ステーキを切り分けています。

最初に焼けた4枚は、ひとり1枚ずつ、ナイフとフォークを用意して、「いただきます」

 

豚ロースのステーキの余談

なんて贅沢なんでしょう。

こーぎー家に来て、はじめてナイフとフォークをセットで出して使いました。

ナイフは、棚の下の奥の方にあったのを引っ張り出しました。

はじめに食べやすそうな大きさに切り分けて、(あれ?左のフォークの方から切るのかな?)あとはお箸でつまんで食べましたけど。

 

お肉を全部焼いた後に、フライパンに残った肉汁。

すりおろした生姜です。

生姜をすりおろして、しょう油と砂糖を加えて溶かしたタレを加えて煮詰めてみました。

豚ロースのステーキに生姜のたれをかけて生姜焼きです。

ステーキにかけると生姜焼き。

おお。

生姜の辛味がきいて塩コショウだけよりもらっこ好みの味でした。

ツレも、「おっ、生姜焼きだ!」と言ってくれていい反応です。

生姜焼きって、こういう作り方ではないよとか、自分で自分にツッコみつつ、「生姜焼きのような味わいのお肉」を堪能しました。

 

あまり冷める前に食べてしまえと張り切って、最初は多そうだなと感じたお肉1枚、ぺろりと平らげてしまいました。

ステーキを食べきって空になったお皿です。

あっという間に空になったお皿に気づいたツレに、

「全部食べた?」

と驚かれました。

「はい!」

と答えるらっこは、無意味にどや顔です。

脂身は、食べなくてもいいなら食べずに残したかったと、口に入れてから思いました。

飲み込みましたけど。(頑張った涙)

ツレも、肉の脂身にはトラウマがあり、できれば食べたくないのが本音だそうですが、全部食べてくれました。

すまんよう。
ありがとうよう。

次また焼く機会があるかはわかりませんが、できれば脂身は取り除く方向で検討します。

81歳のこぎ母には、少し多いかしらと思いつつ食べる様子を見守っていましたが、お肉に飢えていらしたのか、美味しいと美味しいと喜んでくださり、1枚と2回目に焼いた追加のもう少し、おまけで食べてくださいました。

お見事。

 

贅沢なひと時をありがとうございました。

 

お肉の焼き方がよわわからないままの件は、おいしいと言って食べてもらえたので、ひとまず置いておきます。

お肉マスターにはなれなくていいのです。

 

===

こぎ母の主治医のいる総合病院では、どのような説明だったのか詳細は不明ですが、現行の診察科目以外は診てもらえないと、少々無下にされたような話でした。

主治医に相談するまでの事情と経緯がこぎ父にはあったのですが、うまく伝えられなかったのでしょうか。

相談をしに行ったこぎ父は、心配が心配を重ねたようになっていました。

ご自分のかかりつけ医に通院した際、相談したところ、こぎ母の健康診断を受診できることになったようです。

こぎ母本人は、今は悪いところがあるような気はしないから、検査は受けなくても別にいいじゃないのと、そうなったらその時は仕方がないんだと、どっしり構えて覚悟もしているご様子でしたが、心配しているのはこぎ父。

目に見えるかたちでの「問題なし」が必要だったようです。

 

受診後、でんと構えていたこぎ母も「自分の病気は治った」と思えるようになったようで、友だちや家族に、「すっかり元のこぎ母(ご自分の名前)に戻りました」と報告をされていました。

言葉が実際に即しているかどうかよりも、そう思えることが大切なのでしょう。

分別を終えたプラスチックごみが野菜室に入っていようと、ビニール袋に入った雑巾が冷蔵庫で冷やされていようと、「全部OK」「問題なし」

一緒に過ごせている今が当たり前ではないことをかみしめながら、今夜も眠りにつきます。

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-らっこ飯,

Copyright© らっこぎ , 2020 All Rights Reserved.