かぼちゃ らっこ飯 チーズ 油あげ

揚げずに焼くだけコロッケ。かぼちゃとチーズの油あげ包み|らっこ飯

らっこが作った、かぼちゃとチーズの油あげ包みです。

蒸したかぼちゃにピザ用チーズを混ぜ、ひっくり返した油あげで包んで魚焼きグリルで焼きました。

油あげはサックサク。

チーズが溶け込んだかぼちゃがモチモチ。

チーズの塩気がきいていてるので、何も付けずにパクパク食べられます。

焦がしてしまった表面の苦さが気にならない(気にしろよ)出来でした。

材料もシンプルで、油あげを衣にしたコロッケだと思えば、

「油で揚げずに焼くだけのヘルシーコロッケです」

と言えなくもないかと。

ちょっと無理矢理かな。

 

実際にコロッケだと言い張るのでしたら、チーズは混ぜずにホクホクのかぼちゃを味わう方が、コロッケらしいかもしれませんね。

かぼちゃとチーズの油あげ包み

かぼちゃ 1/8個くらい(皮を取り、角切り)
油あげ 2枚(半分に切って裏返す)
塩コショウ 少々
ピザ用チーズ お好みでたっぷり

油あげ2枚で、4個の包みを作りました。

かぼちゃとチーズの油あげ包み

角切りにしたかぼちゃが器に入っています。

1.かぼちゃをレンジで蒸かします。

水を振りかけ、ラップをして4分(500W )かけました。

普段、こーぎー家で食べているかぼちゃは冷凍食品なのですが、今回は冷凍していない生のままのかぼちゃです。

こぎ叔父さん(ツレ・こーぎーの叔父さん)が持ってきてくださった本物のかぼちゃをいただきました。

こぎ叔父さん。いつもありがとうございます。

電子レンジで蒸かしたかぼちゃです。

2.蒸したかぼちゃを潰して、塩コショウで軽く味をつけます。

蒸かしたかぼちゃを潰したところです。

皮の内側など、部分的にまだ硬い所が残っていたので、もう1分、レンジで再加熱しました。

潰したかぼちゃにピザ用チーズを加えた所です。

3.かぼちゃにピザ用の溶けるチーズを加えて混ぜます。

普段、ピザ用のチーズはお徳用の大容量を買って冷凍してあるのですが、凍ったままで加えています。

熱々のかぼちゃの熱で、チーズが少し溶けてきています。

かぼちゃの熱で、凍ったチーズが解凍されていきます。

油あげを半分に切って裏返したところです。

4.半分に切った油あげを裏返して、かぼちゃを詰めます。

裏返しながら、2枚ほど、がっつり破いてしまいました。

軽く動揺しましたが、ま、気にしません。(気にしろよ)

はみ出して困るような具材でもないので、大丈夫です。

やさしく、そっと裏返しましょう。(自分がな)

油あげは焼くだけなので、油抜きはしていません。

裏返した油揚げに、かぼちゃとチーズを混ぜて作った種を詰め込みんだところです。

かぼちゃをたっぷり詰めました。

形を整えた、かぼちゃとチーズの油あげ包みです。

油あげの口を閉じようかどうしようか考えましたが、こぼれ出てくるような具材でもないので、形を整えるだけにしました。

お稲荷さんのような包み方だと高さができてしまいます。

私はガスコンロの魚焼きグリルを利用して焼いたので、高さがあるとグリルに入らないという理由で、平たく潰した形にしました。

トースターやオーブンを利用して焼くのであれば、高さがあっても大丈夫ですから、お稲荷さんのような包み方でもたぶん大丈夫です。(たぶんですみません。今度トースターで焼いてみようかしら?)

かぼちゃとチーズの油あげ包みを坂楢木グリルにセットしたところです。

5.水を入れて予熱で温めたグリルにセットして焼きます。

ちなみに、トースターを使わずにグリルを利用しているのは、トースターが電子レンジと一体型で、レンジは絶賛冷凍ご飯の解凍中だからです。

 

 

あ。

グリルの中で、一部が真っ黒に焦げてしまった油あげです。

やってしまいました。

うっかり焦がしてしまいました。(くじけないもん)

火力が強かったかしらと思い、少し弱めて裏面も焼きます。(片面焼きグリル)

 

 

あ。

裏面も少し焦がしてしまった油あげです。

焦がさなかったと言える焼き色には見えませんが、まあ、いいでしょう。

グリルで焼くには高さがあったので、火の当たり方にムラがあったみたいですね。

まあ、「弱火」でじっくり焼けばよかったということでしょうか。

かぼちゃに混ぜたチーズをしっかり焼きたかったので、中火でガンガン焼きました……

焼けたかぼちゃとチーズの油あげ包みをお皿に取り分けたところです。

6.お皿に取り分けます。

こぎ父とこぎ母には焦げのひどくないやつを。

ツレと私は黒いのを。

中のかぼちゃはどんなでしょうか。

焼けたかぼちゃとチーズの油あげ包みを包丁で切った様子です。

包丁で切ってみると、油あげの包みがサクサクサクッ。

テレビの効果音かと思うくらい、油あげがサクサクに焼けました。

中のかぼちゃとチーズは自然に混ざっています。

ツレに食べてもらった焦げちゃった焼きはこんな感じです。

焼けたかぼちゃとチーズの油あげ包みです。

チーズがとろーん。中火で焼いて正解でしょう!(本当か?)

チーズがとろけて温かいうちに、「いただきます」

 

かぼちゃとチーズの油あげ包みの余談

焼き上がりの見た目がいいとは言えませんが、かぼちゃありがとう、チーズありがとう、油あげありがとう。

見た目よりもおいしくいただきました。

こぎ父も、「珍しいもの作ってもらって」と言ってくださり、こぎ母も、「油あげ?あらまあ」と珍しがって食べてくださいました。

 

ごちそうさまでした。

今度はじゃがいもでも作ってみようと思います。

コロッケですって言い張ってみようかな……

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-かぼちゃ, らっこ飯, チーズ, 油あげ

© 2020 らっこぎ