かぼちゃ らっこ飯

かぼちゃの皮をどう食べよう。そうだ、おやきにしよう|らっこ飯

らっこが作ったかぼちゃの皮のおやきです。

かぼちゃの皮だけを集めて、さて、どう食べましょうか。

そのまま捨てる気は毛頭ありません。

片栗粉を加えておやきみたいに焼いたら、普通に食べられるんじゃないかしら?

さて?おやきの定義って何でしょう?

かぼちゃの皮のおやき

かぼちゃの皮(千切り)

片栗粉

サラダ油

かぼちゃの皮のおやき

かぼちゃの皮を千切りにしたものがボールに入っています。

1.かぼちゃの皮をボールに入れて、

かぼちゃの皮と塩と片栗粉です。

塩と片栗粉を加えて、

かぼちゃの皮と塩と片栗粉が混ざった様子です。

混ぜ混ぜして、

かぼちゃの皮に片栗粉と水を加えています。

水も加えて、

かぼちゃの皮と片栗粉と水を加えて混ぜたところです。

混ぜ混ぜします。

かぼちゃの皮をフライパンに入れて焼こうとしています。

2.フライパンに入れて火をつけて、

かぼちゃの皮にサラダ油を加えたところです。

鍋肌からサラダ油を回しかけ、しばらく焼きます。

かぼちゃの皮のおやきを作ろうとしています。焼き途中です。

表面の片栗粉が白く固まってきたようです。

そのまま焼きます。

かぼちゃの皮のおやきを作ろうとしています。焼き途中その2です。

3.サラダ油が加わった周囲の部分は、かぼちゃの皮がしんなりとしてきます。

ひっくり返して裏面も焼きます。

かぼちゃの皮のおやきを作ろうとしています。片面を焼いてひっくり返したところです。

油はもう十分かと思い、追加しませんでした。

しばらくそのまま焼いていたのですが、裏面の片栗粉の粉が粉のままで変化がありません。

鍋肌から水をどぼどぼを加えて、片栗粉を溶かします。

かぼちゃの皮のおやきを焼いているフライパンに水を加えたところです。

水分が蒸発したら、片栗粉が溶けたかめくって確認しましたら、部分的にまだ粉のままでした。

もう一度水を加え、食べやすそうな大きさにばらしておきます。

全体的にしんなりしたら、たぶん大丈夫、食べられます。

かぼちゃの皮のおやきをお皿によそった様子です。

4.お皿によそったら、塩コショウ、あるいはポン酢などをかけて「いただきます」

 

片栗粉でモチモチなんだかしっとりなんだか、なんだかよくわからないものになってしまったのですが、ツレが、

「わかめかと思ったよ。おいしいじゃん」

と言って食べてくれました。

こぎ父も、

「うん?おいしい。かぼちゃの皮なの?へ~」

と言って食べてくださいました。

かぼちゃの皮は、加熱してから取り除いて、おつまみか何かにしてそのままつまんで食べる方が、らっこには合っているようです。

こんなこともありますよね……

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-かぼちゃ, らっこ飯

© 2020 らっこぎ