ごはん らっこ飯 豆腐

あれ?テンション低め?温泉卵はお好きじゃない?|らっこ飯

らっこが作った温泉卵と豆腐丼です。

温泉卵は好きですか。

らっこが作る卵は、ゆで卵:卵焼き:目玉焼きが8対1対1くらいの頻度でして、温泉卵、作ったことがありませんでした。

食べたくなったというよりも、ゆで卵を作った後の殻むきをサボりたい気分になったので、作ってみました。

温泉卵です。

みなさんの反応はなんというか、うっすーーーーかったです。

お好きじゃないのかしら……

温泉卵(4個分)

卵 4個(冷蔵庫から出した直後でOK)
厚手の鍋で沸かした1リットルの熱湯
水 200ml

卵は、大きめなMサイズを使いました。

クックパッドのレシピを見て作ったのですが、「お初」ならではの戸惑いが炸裂します。

 

らっこ、温泉卵のビギナーズラック

温泉卵丼です。

1.厚手の鍋で1リットルのお湯を沸かし、火を止めガス台からおろして、水を200mlさします。

2.卵をお湯に沈めてふたをします。

3.12分から15分、放置します。

4.卵を取り出して、卵を割ると温泉卵が出来上がっています。

 

===

初めて鍋でゆで卵を茹でた時、卵をお湯に沈めるときに、湯気の温度にビビって卵をポイポイお鍋に落とし、ことごとく殻にヒビを入れたのは昔の話。

今回は、お玉を使ってそっと沈めましたが、水を差して温度が下がっていたので、そんなにビビらなくてもよかったかしらと。

 

冬だと思って13分でお玉を使って取り出しました。

小ぶりなボールにとって置いておいたのですが、しばらく放置。

 

 

 

ん?

 

 

 

しばらくたった頃、ボールに取った卵を触ってみました。

 

めっちゃ熱い。

 

え?

 

これ、お湯から取った後も余熱入っとるやん??!!

 

ここでレシピを読み返しますと、取り出してから卵を割ると?

ん?

 

いつも作っているゆで卵は、水で冷やすんですけどね?

水で冷やしたりしないんですか?

 

お湯から上げて何分たったかもわからなくなった頃に、ボールに水を入れて冷やし始めるらっこでした。

 

ゆで卵を作った時は、毎回せっせと殻をむいて食卓に出します。

らっこがむきます。

たまーに、ツレがむいてくれたり、こぎ母にむいてもらうこともありますが、基本、らっこがむいています。

 

ごはんをどんぶりによそい、殻付きの卵を食卓に置いて出しました。

殻付きの卵を見たみなさんの反応。

 

「????」

 

「温泉卵です」

 

 

 

 

は、反応、薄……

 

ツレがさっと、割った卵の殻を入れるお皿を取ってくれました。

 

恐る恐る卵をごはんの上に落とすツレ。

お?

温泉卵になっていそうです。

こぎ父が、こぎ母のどんぶりにも割り落としてくれました。

温泉卵丼です。

うん。

温泉卵になっているようです。

温泉卵と豆腐丼です。

卵だけだと寂しいので、お豆腐をのせて、刻み置きしてあった万能ねぎをふりかけ、ごま油としょう油をとぼとぼ回しかけました。

 

さあ、卵を割ります。

温泉卵と豆腐丼です。

 

ハロー温泉卵。

 

いいんじゃないですか?

ビギナーズラック。

成功じゃないでしょうか。

 

卵も豆腐も潰して混ぜて食べました。

ごま油の香りと、万能ねぎの香りがいいぞ。

 

やっぱり生卵が若干苦手(生の白身がダメ)ならっこは、しょう油をドバドバかけて食べました。

 

うん。

おいしかったです。

 

こぎ母が、「これはなんていう料理?」

と何度も聞いてくださいました。

 

うん。

卵豆腐丼でどうでしょう。

 

「これは、なんていう料理?」

 

うん。

豆腐卵丼でどうでしょう。

 

「これは、なんていう料理?」

 

うん。

ぶっかけどんでどうでしょう。

 

ごちそうさまでした。

 

やっぱり、卵の皮をむかずに食べられるのって、らくちんです。

 

今度は、卵をお湯からあげたら、水にすぐに浸けようと思います。

 

また、食べてください。

 

読んでくださり、ありがとうございます。

-ごはん, らっこ飯, , 豆腐

© 2020 らっこぎ