お菓子 らっこ飯

食パンでメロンパン風トーストになる予定だったトースト|らっ焦がし

らっこが、メロンパン風トーストを焼こうとして焦がしてしまったトーストです。

なんてこったい。パンを焦がしてしまいました。

お砂糖たっぷり、甘くてちょっぴり体に毒な「メロンパン風トースト」に、なる予定だった焦げちゃったトーストです。

ヤマザキパンのサイトで、メロンパン風トーストのレシピを見つけたので、喜んでやってみました。

食パンの上に、クッキー生地をささっと作ってのせて焼くだけの簡単なお菓子(らっこの1食)のレシピです。

メロンパン風トースト(1人分)

食パン 1枚
バター(常温に戻す)大さじ1強
グラニュー糖 大さじ1 1/2
小麦粉 大さじ2

バターとグラニュー糖と小麦粉をよく混ぜて作ったクッキー生地を食パンに塗り、格子状の切込みを入れて焼きます。

完成。

 

わあ、すごく簡単。

これなららっこも作れるかも。

喜んで作りました。

使うバターはこれです。

明治のチューブでバター1/3です。

普通と言いますか、本物のバターは買い置きがないので、サラダ油で柔らかく加工されたバターを使います。

グラニュー糖は、コーヒー用のスティックシュガーしかなかったので、もったいなくて上白糖を使用。

基本、ごはんを作る時は目分量ならっこですが、おいしく作りたいと思ってきちんと計りました。(いつもやりなさん)

バターがしっかり白っぽくなるまでよく混ぜて、食パンに塗って焼きました。

メロンパン風の格子の模様を入れるのは忘れましたが、まあまあ。

 

らっこは普段、火力の強い魚焼きのグリルでパンを焼くので、いつものように予熱したグリルにパンを入れて焼きました。

 

そうですね。

 

火力が強すぎたんでしょうね。

 

焦げたようなにおいに気づいてグリルを開けたときには、もう、半分黒くなっていました。

格子模様は入れ忘れても、

焼き立てはクッキー生地が柔らかいので、5分くらい置くとよりサクサク感が増してオススメです。

との記載があったことは覚えていたので、しばらく置いて冷ましてから食べました。

 

 

甘い。

苦い。

柔らかい。

 

 

5分置いて冷ましたくらいでは、クッキー生地は柔らかいままでした。

そもそも、本物のバターではなく、柔らかい「バターのようなバター」を使って作ったからでしょうか。

メロンパンのサクッとしてカリッとしたおいしいクッキー生地には程遠く、甘くて、しっとり柔らかくて、焦げたところが苦い、残念感が漂うものの、総じて甘くておいしい普通のトーストでした。

クッキー生地を薄くして、食パンを2枚使ってもよさそうな分量でしたが、きっと、上手に焼けていれば、クッキー生地の厚さも美味しさのひとつだと思います。

食パン1枚に砂糖が大さじ1 1/2って、毒にもなりかねない甘さです。

だからおいしいんですけどね。

グリルで一緒に焼いた、もう1枚のそのままの食パンの味にも癒されます。

ほんのり甘い、何も塗っていないパン。

 

作り直し、リベンジしたいのに躊躇われます。

好きです。

甘いパン。

ヤマザキパン、ありがとう。

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-お菓子, らっこ飯

© 2020 らっこぎ