らっこ飯 蕎麦

お待ちかね!信州小妻屋本店<名代手折りそば>|らっこ飯

らっこが茹でた、小妻屋本店の名代(なだい)手折りそば五人前です。

こぎ父の故郷・信州のお蕎麦屋さんから、おいしいおいしいお蕎麦が届きました。

こぎ父が注文してくださったのは、信州小妻屋本店の名代手折りそばです。

小妻屋本店の名代手折りそば、5人前です。

なだい・たおりそば、と読みます。

数か月前に注文してくださったときとは、パッケージが変わったのかもしれません。

飛脚のようなイラストが入っていたような記憶がありますが、中身も変わったのでしょうか。わかりませんが。

個包装から取り出すとこんな感じです。

袋から出した名代手折りそばです。

薄い蕎麦色といいましょうか。

細めの麺が三つ折りになって袋に入っています。

取り出す際、気をつけてそっと扱っても、たいてい何本か麺を折ってしまいます。

写真だと、右側がポキッといってしまいました。

名代そば付属のめんつゆの写真です。

付属のめんつゆが袋に入っているので、麺と分けておきます。

4人で食べますが、足りなくないように、5人前を茹でます。

茹で時間に差ができないように、5人前をあらかじめ袋から出しておきます。

大鍋にお湯が沸いています。

お湯をたっぷり沸かします。

3リットルはあると思います。

熱湯に名代手折りそばを入れた直後です。

お蕎麦を入れて、

軽くほぐした茹で始めの名代手折りそばです。

軽くほぐします。

名代手折りそばを茹でています。ぐつぐつ茹でています。

ふきこぼれない火加減に調節して、6分茹でます。

茹で上がったら水をくんでおいたボールに上げ、冷たくなるまで水を何度か変えて洗います。

ざるに盛った名代手折りそばです。

水を切ったらざるに盛ります。

五人前の手折りそばがざるにのっています。

五人前を1枚のざるに盛っています。

めんつゆをおどんぶりに入れて、お湯を注ぎます。

ネギがないので玉ねぎのみじん切り、前日のサラダの残りもの、ちくわとハムを刻みました。

蕎麦の薬味です。玉ねぎのみじん切り、キャベツと人参の千切り、刻んだちくわとハムです。

薬味の準備も整いました。

薬味とめんつゆに沈んでいる名代そばです。

お湯で割った麺つゆにお蕎麦を沈め、刻みのりと、とろろ昆布を一緒にいただきます。

とろろ昆布は、麺の下に隠れています。

 

両手を合わせて、「いただきます」

株式会社小妻屋本店 名代手折りそば 6食入K-10

株式会社小妻屋本店 名代手折りそば 6食入K-10

1,404円(12/05 14:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

こぎ父のお口には、こちらの名代そばが一番合うようです。

久しぶりに食べて、

「やっぱりこっちがおいしいかな?」

数日前まで食べていた別のお蕎麦の味も思い出していたのでしょうか。

手折りそば、お蕎麦らしいお蕎麦といいますか、香りはめんつゆに分売がある気もしますが、舌触りがいいんでしょうか。

なかなかなんとも、おいしくいただけるお蕎麦です。

甘めのめんつゆも一人前ずつついているので、準備が簡単でありがたいです。

 

夏の暑い日でも、温かいかけ汁でいただきたいお蕎麦です。

こぎ父は、めんつゆを水で薄めて、氷をドバドバ入れて召しあがっています。

キンキンに冷たいお蕎麦もおいしそうですが、冷房の効いた部屋でいただいているので、私は温かいのが好きです。

高級なお蕎麦ですが、こぎ父に甘えてありがたくいただきます。

私には贅沢すぎるお蕎麦です。

贅沢なだけあって、おいしいお蕎麦です。

 

実家にいた頃に蕎麦湯を飲むことはありませんでしたが、夏の水分補給と思って、私もずいぶん蕎麦湯、ごちそうになるようになりました。

 

おいしかったです。

ごちそうさまでした。

 

 

追記

もっともっと、手折り蕎麦をおいしく食べていますアピールをしたい気分(誰にだ?)になったので、写真を撮るようにしました。

 

手折り蕎麦です。

この時はトッピングを張り切りすぎてしまったのか、若干の混沌を感じます。

水菜入りのとろろいも、海苔、2時の方向の白いものは、焼き餅です。

あとはねぎとらっきょうが一粒。(何そのらっきょうて)

 

手折り蕎麦です。

だしと醤油で味付け済みのとろろ(前日の残り)、やわらかすぎたゆで卵に、海苔ととろろ昆布。

 

手折り蕎麦です。

ゆで卵はなしで、ねぎと海苔にわかめととろろ昆布。

 

手折り蕎麦です。

ゆで卵に大根おろし、にんじんの千切りスライスに「お味噌汁の具」という名の乾物ミックス(わかめ、とろろ昆布、ふのり、焼きバラ海苔入り)。

お蕎麦ににんじんのスライスは合いませんでした。

一緒に食べるなら、お皿を分けてサラダで食べようと思った次第です。

 

手折り蕎麦です。

残り物のカレーをかけてカレー蕎麦。

おいしいのですが、蕎麦の香りがカレーで消されてもったいない気もします。

おいしいんですけど。

 

ねばねばオクラ納豆蕎麦です。

オクラ納豆蕎麦。

生のオクラをみじん切りにして水を適量加えてよくかき混ぜると(オクラ5本に水大さじ2が目安)、粘りが増えてねばっねばなオクラができます。

よくかき混ぜた納豆(タレ・からし入り)とオクラと削り節を加えて混ぜ合わせたオクラ納豆をのせてずずずずっとすすります。

ヌルヌルに絡んだ麺がおいしいです。

 

豚肉と根めこの手折り蕎麦です。

めんつゆで豚の薄切り肉に火を通し、軽く火を通したなめこをトッピング。

なめこには味をつけていませんが、お蕎麦に絡むめんつゆでじゅうぶん。

なめこ1袋を4人で分けるので、少々物足りないのが難点。

 

豚肉としめじとらっきょうの手折り書葉です。

盛りつけが下手でほとんど見えないですが、だしで豚肉としめじを茹でて味を出し(たつもり)、めんつゆを薄めて「あらいいおつゆ」。

刻んだ自家製の塩らっきょうがシャキシャキでいいアクセントです。

小ねぎや長ネギが買いやすいお値段の時期ですと、お蕎麦にねぎは欠かせないような気がするものです。

高値が付いて買いにくい時期であれば無いなりにおいしくいただけるものですね。

 

天ぷら手折り蕎麦です。

たまーにこぎ父が買って来てくださる天ぷらを、温め直して手折り蕎麦にトッピング。

かき揚げとナスの天ぷらと大根おろしです。

前の日には海老天(こーぎーのお気に入り)やいんげんの天ぷら(らっこのお気に入り)をトッピングしていただきました。

「天ぷらのせるだけでほんと、今日はずい分おいしく感じるね」

天ぷら蕎麦にした時のお約束の確認を毎回4人で言い合って「おいしいね」と言って食べられるお気に入り。

 

空き合出と半熟卵と大根おろしと壺ニラをトッピングした手折り蕎麦です。

かき揚げ蕎麦。

こぎ父の話によると、いつも天ぷらを買っているお店で天ぷらの盛り合わせはもう無かったらしいのですが、かき揚げが3つ残っていたそうで全部貰って来たそうです。

残り3つは買い占めとは言わないかな。

ツレとこぎ父はひとつずつ、こぎ母とらっこは半分にしてかき揚げ3つを4人で。

らっこには半分が丁度いいわ。

とろっとろに仕上がったゆで卵を半分ずつと大根おろし。

天ぷらそばには大根おろしが無いと油が強くてもたれるらっこ。

壺ニラはおまけで載せていますが、お蕎麦と一緒には食べずに最初にニラだけ食べたりしてね。(なんでのせた)

 

かき揚げと大根おろしと紫蘇のみとトッピングした手折り蕎麦です。

かき揚げ蕎麦の評判がいいので、買って来てもらうたびにかき揚げ蕎麦だわ。

この日は大根おろしと紫蘇の実をたっぷり。

庭の紫蘇の葉っぱがそろそろ終わりらしく、実を付けるようになったのです。

夏の終り?秋の始まりの特別な味わい。

ツレが摘んでくれていた紫蘇の実をたっぷり用意して出したのに、お蕎麦に使ったのらっこだけだったんですけど……

 

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

何かいいことがありますように。

-らっこ飯, 蕎麦,

© 2020 らっこぎ