暮らし

ツレが明日面接に行きます。

検診車のドライバー募集に手を挙げて応募している人です。

ツレ(51歳)が明日面接に行きます。

ツレは長年、一人自営業で収入を得てきた人で、会社組織に勤めた経験はあまりなかったのだそうです。

そんなツレが外に働きに出る理由は単純。

 

「収入」です。

 

ここ数年得ていたインターネットからの収入が、ある日を境にぱたりとなくなってしまったのです。

数か月、ああでもないこうでもない、もがいてみたものの回復の兆しが見えず、生活・未来のために、自分の会社を続けつつ、ほかの会社にも勤めに出る決心をしたといいます。

 

ツレが求人サイトで見つけた仕事は、検診車の運転手でした。

 

ピッタリ♪

と思いましたの。

 

引越し会社のアルバイトをしていた頃に、作業員兼運転手として、大型車の運転には慣れていると聞いていたからです。

それだけでなく、ツレはアウトドアが好きで、大型のキャンピングカーを買って
(その頃は収入があったようです……)
よく運転していたのです。

 

街で見かける検診車って、一見するとキャンピングカーのようにも見えませんか?

 

車の中に検診設備があるということが、まさに車の中に生活空間を備えたキャンピングカーと同じ!

とまでは言わないものの、似ているなあと以前から思っていました。

仕事が傾いてからは自宅で仕事にかかりきりで、キャンピングカーで出かける余裕はありません。

ツレのお父さんには、

「長いことエンジンもかけないで、車は大丈夫なのかね?動くの?」

と心配される始末でした。

 

今がキャンピングカーを維持できるかどうかの瀬戸際でもあります。

キャンピングカーのような検診車を運転してお金がもらえるお仕事は、ツレには本当にピッタリじゃないかと思いました。

 

さっそく電話をかけて面接の日程が決まり、

その日がついに、明日です。

 

午前中は、破れてボロボロになっていた障子貼り。

やるなら今しかない。

そんな思いが互いにあったのかもしれません。

面接の前日に、前回貼り替えたのは10数年前(!)という障子の貼り替えをしました。

 

「私に任せて!」

 

と言って私がひとりでやらないところがまたなんとも。

特に劣化がひどくて破れていた寝室の障子2枚を、ツレとふたりで貼り替えました。

シワになることなく、なかなかよくできたと思います。

履歴書の文字は丁寧に。

パソコンやスマホが普及した現代、普段文字を書く機会が少ない人は珍しいことではありませんよね。

文字を書く機会が少ないこととはおそらく関係なく、ツレは、あまり字が上手ではありません。

いったん自分のことは棚に置いておくとして、はっきり言って、字が下手です。

 

明日提出する履歴書を見せてもらいました。

 

はい。

 

 

私には、

私にはわかります。

 

字を書くことが苦手な人が、精いっぱい書いた文字だということが。

相手の方に伝わるかどうかはわかりません。

お世辞にもきれいとは言えませんが、平常よりも丁寧に描いたツレの文字が履歴書には並んでいました。

伝わってほしいと思います。

 

普段よりは、きれいな字です。

緊張感は出していないけれど、その内心は・・・

日が暮れました。

用事の直前になると、支度でワタワタ、緊張してソワソワしがちな私とは対照的に、ツレは、いつの間に明日の支度を済ませたのか、いつものように黙々と仕事をしていました。

面接に向けて緊張している様子を私には見せません。

腹が座っているのか、覚悟を決めているのか。

客観的に、ツレが見つけた求人は、今のツレに適職だと感じています。

 

勤められたらいいな・・・

 

今日は少し早めに仕事を切り上げて、明日に備えましょうね。

 

 

おやすみなさい。

-暮らし
-

© 2020 らっこぎ