介護 暮らし

敬老の日のこと。感謝の気持ちを伝える|らっこ

敬老の日にデイサービスでいただいたお祝い膳のお品書きです。

2019年9月16日(月)敬老の日。

いかがお過ごしでしたか。

 

こぎ母は、朝からデイサービスに出かけ、こーぎー家のお昼は3人でカップおうどんをすすったお昼。

こーぎー家で常備しているカップうどんの「関西風おうどん」です。

夕方、こぎ母が帰ると、玄関でこぎ父に話している明るい声が聞こえました。

こーぎーの母親の顔です。笑顔「今日のお昼はねえ。どこかに出かけたみたいだったよ。お~いしかたぁ~」

敬老の日ということで、お祝いの御前が昼食に振舞われたそうでした。

食事と本人の写真を貼ったお品書きをお土産にもらってきました。

食事の写真がこちらです。

2019年9月16日、敬老の日のデイサービスのお祝い膳の写真です。

なんて本格的!

こぎ母の満面の笑顔(^o^)

写真を撮る前に食べてしまっていた人もいたのだとか、みんな残さず全部食べていたよとか、いろいろ話してくださいました。

 

デイサービスに行って帰ってきても、食べたことを覚えていない日もあります。

「ごはん?食べたっけ?食べていないよ。お腹ペコペコ」

「お昼……?何か食べたような気もするけど、何食べたか忘れちゃった」

そんな日とは大違いです。

 

料理を一緒に行うレクリエーションがあった時はよく覚えているようで、「かぼちゃを切ったよ!」などと報告をしてくださることもありましたが、おそらく、御前の準備はしていないでしょう。

それでも、帰宅直後からよく話してくださいましたから、よっぽど嬉しくも美味しくもあり、印象に残ったようでした。

 

食べることって、ほんとう、大切なんですね。

 

敬老の日。

年配の方に感謝の気持ちを伝える日。

ありがとうございます。

プロがやってくださっていました。

ありがとうございます。

 

らっこは……

 

 

……

 

 

コホンコホン

 

 

夕飯に用意した鶏むね肉の焼き鳥を見たこぎ父が、

「お母さん?ほら。お家でもお祝いだ。とり肉だよ」

とこぎ母に言ってくださっていました。

ありがとうございます。

らっこが支度した夕食はこちら。

らっこが敬老の日に作った鶏の胸肉の焼き鳥です。

お肉の塊と野菜です。

鶏のむね肉、初めて焼きました。

こぎ母にも、「むね肉って硬いのにねえ?やわらかいよ?おいしい」と言ってもらえました。

確かに、柔らかく焼けたと思います。

よかったよかった。

 

特別な一日になったでしょうか。

 

===

好きな人と一緒に居られて、好きな人の家族と一緒に過ごせて、おはようを言ってごはんを一緒に食べて、おやすみなさいを言う。

 

蛇口をひねれば水が出て、スイッチを押せば電気がつく。

大切なことは毎日のあたり前の中にあって、あたり前があることはあたり前ではないという現実。

 

思ったことが現実になるのだと言う人がいるので、楽観的に考えたい。

それが難しいんでよ、と自分でツッコみながら、

”苦しいことから逃げていると、楽しいことからも遠ざかる”

そんな詩を昔読んだようなことも思い出してみたり。

少し気持ちがふわふわした1日でした。

 

この世に生きとし生けるすべてのものと、生きとし生けないすべてのものが、安寧でありますように。合掌。

実家にいた頃、毎日心で唱えていた言葉、久しぶりに唱えました。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-介護, 暮らし

© 2020 らっこぎ