きゅうり らっこ飯

きゅうりのキュウちゃん。売れるレベルらしい

らっこが作ったきゅうりのキューちゃんです。

きゅうり3本できゅうりのキューちゃん作りです。

刻んだきゅうりを塩もみして、煮立たせた調味液に漬けこんで2晩。

最後に少しごまかしをしましたが、おいしくできました。

食べたツレが、

こーぎーの顔です。笑顔「おいしい!売れるレベルだよ」

と言ってくれました。

もっとたくさん作ればよかったかしら?

きゅうりのキュウちゃん

きゅうり 3本(板ずりして1cm幅に切る)
塩(塩もみ用) 小さじ1/2くらい

生姜 2cm片程度(薄切り)
だし昆布 2×3cm程度(細切り)
しょう油 カレースプーン3杯
酢 カレースプーン1/2杯

てんさい糖 小さじ1
鷹の爪 1本(種を取ってみじん切り)

甘辛さと酸っぱさが絶妙で美味しい!

最小限の調味料の分量でした。

後述しますが、いろいろもう少し、増量してもよさそうです。

らっこ、きゅうりのキュウちゃんを作る

らっこが作ったきゅうりのキューちゃんです。

1.板ずりして刻んだきゅうりを塩もみして、しばらく置いておく。

(今回は5時間置きました)

2.きゅうり以外の調味料をフライパンに入れて火にかけ、砂糖を溶かします。

3.砂糖が溶けたら火を止めて、水気を切ったきゅうりを入れたビニール袋に流し入れ、そのまま冷まします。

4.冷めてから冷蔵庫に入れて二晩寝かせ、食べる20~30分前に塩味を調えて「いただきます」

 

===

塩もみしたきゅうりです。

きゅうりの厚みがあった方が、食感が楽しめるのではと思って1cm程度の幅で切りましたが、今回程度の調味液の分量で漬けるなら、5㎜程度の薄さでないと、漬かり切らないのかな?と思いました。

でもまあ、今回は食感が楽しめたから逆によかったのかもしれません。

小さじ1/2程度の塩を振ってよく混ぜ、しばらく置いておきます。

 

5時間置きました。

きゅうりから出た水分です。

計っていませんが、結構水分が出たようです。

塩も少ないので、重しをのせるともう少し水分が出やすかったでしょうか。

ざるに上げて水気を切ったきゅうりです。

手でぎゅっと絞れるような薄さでもなかったので、ざるに上げてさっと水で流し、キッチンペーパーで軽く水気を拭きました。

洗う必要は、なかったかもしれません。(後で思えば)

水気を切ったきゅうりは、ビニール袋に入れておきます。

 

調味液を作ります。

生姜、昆布、鷹の爪です。

生姜を薄く刻みました。

千切りにせず、大きく刻んだおかげか、きゅうりと一緒によく漬かって、おいしい生姜になりました。

出汁用の昆布と鷹の爪も刻みます。

フライパンでキューちゃんの漬け液を作っています。

フライパンにしょう油・カレースプーン3杯、酢・カレースプーン1/2杯、てんさい糖・小さじ1と、刻んでおいた生姜、昆布、鷹の爪を入れて火にかけます。

しょう油がとことん少ないのは、単純にケチったからなのですが、ここまで少ないと自分でも、「少な過ぎね……?」なんて思いながら火にかけているんですから、どうしたものでしょう。

砂糖が溶けた調味液です。

砂糖もしょう油も焦がしたくないので、弱火でとろとろ。

てんさい糖が溶けたところで火を止め、きゅうりを入れているビニール袋に流し入れます。

きゅうりのキューちゃんを仕込んでいます。

最初は少し熱いですが、きゅうりが冷たいのでじきに冷めます。

モミモミよく揉み込んで、口を縛り、液漏れ対策にボールに入れて冷まします。

完全に冷めたら冷蔵庫に入れておきます。

きゅうりのキューちゃんを仕込んでいます。

ひと晩たったところで様子見。

はてな?

特に漬かった感じがありません。

最初にきゅうりの塩もみをして水分をある程度抜いているので、調味液が増えてきません。

そりゃそうだ。

とりあえず、またよく揉んで、袋の上下を返しておきます。

半日漬けたきゅうりのキューちゃんです。

二晩目。

きゅうりが茶色くなってくるとか、シワシワになってくるみたいな変化がありません。

たぶん、たぶんですけど、塩分が足りていませんよね。

それこそ塩分も砂糖も少なければ保存性がききませんので、二晩目でそろそろ食べることにします。

改めて揉み揉み揉み。(もう遅いか?)

二晩漬けたキューちゃんです。

伝わりにくいですが、調味液どこ行った状態ですよ。

袋の底に、ちょぴんと溜まっています。

念のため、発酵がすすんで酸っぱくなっていやしないかと(腐っていないか)お毒見。(味見)

ん?

 

味が薄い。

気が抜けた感じとはこのことでしょうか。

漬け途中のキューちゃんに、塩を追加したところです。

最後の悪あがきで、塩を小さじ1/3程度でしょうか。

加えてモミモミ。

そのまま20分程でご飯ができました。

 

らっこが作ったキューちゃんです。

「いただきます」

 

きゅうりのキューちゃんの余談

ツレは「売れるレベルだよ」なんて言って食べてくれましたが、刻む厚さや調味料の分量は、もう少しいろいろ試してみてもよさそうです。

 

「自家製のキューちゃんです」って、自信をもってお出しできるように、いろいろ試してみようかと思います。

 

きゅうりの青さが残っているこの漬かり加減。

見た目は浅漬けですが、二晩漬けているんですよね……

 

夏が過ぎ、そろそろきゅうりを生で食べるのは、体が冷えます。

浅漬けっぽくても、1日でも2日でも少し時間をかけた「お漬物」として、冬もキューちゃんがたくさん食べられたらいいなと思います。

たくさん食べたいな。

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-きゅうり, らっこ飯

© 2020 らっこぎ