えのき らっこ飯 カレー 大根 豆腐

高野豆腐とえのきに大根葉。これ、カレーです|らっこ飯

らっこが作った、高野豆腐とえのきと大根葉のカレーです。

カレールウを使って作るカレーに入れたことのない食材ばかり。

高野豆腐とえのきに大根の葉っぱで、カレーを作りました。

カレー粉と冷蔵庫にある調味料で味付け。

こぎ母に、「これは何て言う料理?」ときかれてしまいました。

あ、あの、その、カレー……を作ったつもりだったんですけど……

そういえば、ごはんにのっけていませんでした。

炒め物のカレー味が正解ですか?

高野豆腐のカレー炒め

高野豆腐 5枚(お湯で戻して小さくちぎる)
えのき 一株(みじん切り)
大根の葉っぱ ほどほどに(みじん切り)

サラダ油 大さじ1くらい
ブイヨン(固形)1個

水 大さじ1くらい
ケチャップ しゅっしゅっ
とんかつソース しゅっしゅっ
カレー粉 小さじ2くらい
塩 少々

初めての組み合わせでしたが、相性がよかったようで、大変好評でした。

味がしっかり染みた高野豆腐が何ともおいしいのです。

こんな食べ方があってもいいみたい。

 

らっこ、高野豆腐とえのきに大根葉のカレー炒めを作る

1.高野豆腐とえのきをサラダ油で炒め、ブイヨンと水を加えてブイヨンを溶かします。

2.大根の葉っぱを加えてさっと混ぜたら、ケチャップ、とんかつソースとカレー粉を加えて混ぜ、塩で味を調えたら完成です。

 

塩コショウとカレー粉の味付けでもよさそうですが、ケチャップやとんかつソースで野菜を足したい気分でした。(足せていますか?)

 

===

みじん切りした大根の葉です。

大根の葉っぱは、こぎ叔父さん(ツレ・こーぎーの叔父さん)から頂いた大根から頂戴したので、1本分、かなりボリューム満点です。

結論から言うと、全部は多そうだったので、半分くらい使いました。

葉っぱの場合、1/2本分って言うんでしょうか?

ああ、「1本分の半分くらい」で伝わりますかね。

スーパーなどで売られている、葉っぱのほとんどが切り落とされた状態の大根だったら、2本か3本分くらいでしょうか?

こぎ母に刻んでもらいました。

高野豆腐お徳用150g入りです。

高野豆腐です。

実家の母親は、よく煮ものなんかを作って食べさせてくれていましたが、こーぎー家で食べた記憶がありません。

この前こっそり買い物かごに入れて買ってもらっていました。

50度くらいのお湯で戻すのだそうです。

ボールに高野豆腐を入れてお湯を注ごうとしたら、

浮かすように

お湯で戻すと書いてあり、浮かすようにして戻しました。

お湯で戻している高野豆腐です。

お湯を注いで戻す場合と、何が違うんでしょうか。

いつか調べておこう。(遠い目)

10分たって触ってみたら、中の方がまだ固そうだったので、15分ほど戻しました。

細かくちぎった高野豆腐がボールに入っています。

水を切り、さいの目くらいの大きさに手でちぎりました。

こんにゃくではありませんが、手でちぎった方が味が染みやすいのかと思ったのですが、包丁で切った方が楽だったかもしれません。

形は歪なくらいでちょうどいい気分です。

えのきは5mmくらいの幅で切りました。

みじん切り状態です。

ちぎった高野豆腐とえのきのみじん切りをフライパンで炒めています。

熱したフライパンで油を温め、高野豆腐とえのきを強めの中火で炒めます。

えのきがしんなりしてきたら、ブイヨンを加えます。

ブイヨンを加えてカレー炒めを作っています。

こーぎー家では、固形タイプのブイヨンを買っているため、当然ですがすぐには溶けません。

水(大さじ1程度)を加えてブイヨンを溶かします。

大根の葉っぱを加えたところです。

大根の葉っぱも加えて全体を混ぜます。

カレー炒めの味付けをしている様子です。

大根の葉っぱはすぐにしんなりしてきます。

ケチャップ、とんかつソースとカレー粉を加えて混ぜます。

高野豆腐とえのきと大根葉のカレー炒めを作っています。

水をもっとたくさん加えて、とろみの付いたスープにすれば、こぎ母にカレーってわかってもらえたのでしょうか。

味見をすると、塩味が足りません。

ケチャップととんかつソースはどこに行った?というくらい行方不明です。

入れすぎるよりはいいかしら。

塩とカレー粉を最後にもうひと振り加えてひと混ぜすると、高野豆腐にしっかりとした味を感じることができました。

高野豆腐とえのきと大根葉のカレーです。

お皿によそって出来上がりです。

「いただきます」

 

高野豆腐とえのきに大根葉のカレー炒めの余談

煮込んでいませんし、強めの中火で一気に炒めているので、炒め始めてからお皿によそうまで10分もかかっていません。

ルウで作るカレーより、時短カレーでした。

大根の葉っぱは、炒めすぎると茶色くなってしまいますから、できるだけ青々しい状態で食べられるように、後から入れてみました。

カレーにえのきってどうかしら?と少々疑って作っていたのですが、さすがえのき。

だしといいますか、旨味が出るのでしょうね。

高野豆腐によく染みていました。

 

珍しいカレーはずい分評判で、おいしいおいしいと言ってもらえたので、

「あんまり褒めると、明日も同じの出ますよ?大根の葉っぱは残っていますし」

と言って、タッパーに詰め直したみじん切り大根葉を指差しました。

「あ、えのきがないからダメかな?」

 

えのきカレー。

高野豆腐カレー。

大根ッ葉カレー。

 

野菜炒めのカレー味。

 

さあ、なんていう料理だったんでしょう。

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-えのき, らっこ飯, カレー, 大根, 豆腐

© 2020 らっこぎ