きゅうり らっこ飯 サラダ 塩昆布 大根

千切り大根。梅きゅう塩昆布サラダ|らっこ飯

らっこが作った、千切り大根の梅きゅう塩昆布サラダです。

最近、野菜のサラダを作っていると心がほっとするらっこです。

らっこにしては頑張って、本当に頑張って、大根の千切りを包丁でしました。

よく使うスライサー大根とは違う食感でナイス。

梅干しときゅうりに塩昆布という、お気に入りの組み合わせでサラダにしました。

よしよし。

千切り大根サラダです。

大根(太め)15センチくらい(葉っぱ側を使用・千切り)
きゅうり 1本(板ずりして千切り)
塩昆布 菜箸で多めに3つまみ(大体ヨ大体)
練り梅 小さじ1くらい

2月の寒い時期に作ったサラダですが、ちょっと夏っぽかったかしら?と、後から気がつきました。

冷たい野菜をたくさん食べて、体を冷やす(冷ます)のは温かい季節にどうぞ。

梅干しと塩昆布と常温で、冷たくないサラダにして食べましたよ。

 

らっこ、千切り大根の梅きゅう塩昆布サラダを作る

大根ときゅうりと練り梅と塩昆布です。

1.刻んだ大根ときゅうり、塩昆布と練り梅をボールで混ぜて、塩昆布がしんなりしたら食べごろです。

 

おしまい!

 

塩昆布と梅干で、十分塩っ気はありますが、マヨネーズなんかかけてもおいしいかと。

 

===

包丁で大根を千切りにしています。

大根はよく洗い、お箸でつまみやすそうな長さ、4~5センチくらいの幅で切って皮をむき、頑張って千切りにします。

繊維と同じ方向に薄く切り、少しずつずらして並べてトントントン。

「最初に頑張って薄く切ればいいんだよ」

千切りが細かい実家の母親に教わったのですが、その、「最初に薄く」が難しい。

いや、その後のトントントンも難しいんですけど。

ボールに入った千切り大根です。

切ったそばからボールにためて、あれ?アンナに(たくさん)刻んだ(はずな)のに、これくらいの量だったのか、と、少しがっかりしましたが、増やしません。

大根、15センチも刻めば、4人分で1品十分よ。

きゅうりでかさ増しです。

板ずりして、斜め切りからの千切りです。

大根よりもやわらかくて切りやすいきゅうりですが、幅も長さも揃わねえ……

いろどりもよくなりますね。(気を取り直す)

 

今回、サラダに使った大根は、葉っぱの方の甘い部分だったので、皮をむいて白い所だけ使いました。

正確には、皮が緑色でひげ根が無い・大根の茎です。

皮は、わざと粗い細切りにして、ポン酢漬けです。

大根の皮のポン酢漬けです。

これがしなッとなっておいしく食べられるのは明日以降です。

大根ときゅうりと練り梅と塩昆布です。

ボールに入れた大根に、きゅうりも入れて、塩昆布も入れて、練り梅も入れます。

練り梅は、普通に梅干しの種を取りのぞき、包丁でトントンしただけです。

自家製の練り梅です。

らっこは作り置きをしておいて、ちょっとずつ使っています。

あとはただ、

大根サラダを作っています。

混ぜるだけ。

そのまま常温でおいておいて、塩昆布がしんなりやわらかくなったら食べごろ(だと思っている)です。

千切り大根のサラダです。

器によそって、「いただきます」

 

千切り大根サラダの余談

塩昆布の出汁と、梅干しの酸味と、シャキシャキと食感が残る千切りの大根がおいしい。

 

こういう、油やマヨネーズを使わないサラダを作って食べると、なんだかほっとします。

 

らっこだけかしら?

脂っこいものが苦手だからでしょうか。

ツナマヨのこってりは好物なんですけどね……

 

 

大根を包丁で千切りにしただけで、もう、すべてやり切った感がありました。

こーぎー家にあるスライサーの、薄すぎ細すぎ千切りとは違い、食感がよかった気がします。

あと、スライサーを使うとずいぶん大根の汁がにじみ出るイメージがありますが、包丁で千切りにすると、大根汁がほとんど出なかったことが新鮮でした。

またしばらくは、当分スライサーに頑張ってもらおうかと思う、ずぼらっこです。

 

厚さを選べるスライサーとか、なくても困らないようなものが欲しくなってしまう今日この頃。

 

なくても困らないからこそ、欲しくなるのかな。

 

ごちそうさまでした。

読んでくださり、ありがとうございます。

-きゅうり, らっこ飯, サラダ, 塩昆布, 大根,

© 2020 らっこぎ