介護 暮らし

そしてまたひとつ|らっこ

スシローのお寿司です。3貫盛り祭セット

そしてまたひとつ、こぎ母(要介護2)が年を重ね、82歳になりました。

何かお祝いらしい食事をと、お寿司屋さんのスシローに予約をして、豪華なお寿司をいただきました。

3貫盛り祭セットというキャンペーンだそうで、1人前15貫。

わお。

近所の S さんもお招きして、みんなでお腹いっぱいになりました。

完食したのはツレとらっこの二人だけ。

ご年配の皆さんには豪華すぎたかもしれません。

不思議なもので、お腹いっぱいだねと言ってお寿司は残しても、食後のケーキは皆さんペロリ。

70歳、80歳を超えても別腹ってあるんですね。

 

お寿司だけで何も用意しないのもなんだろうかと、付け合わせに茶碗蒸しを用意しました。

初めて茶わん蒸しに豚の薄切り肉を入れて作ってみたのですが、ほんのりにじみ出るのか?おいしい?出汁が?あらおいしい!

Sさんが、「こんなにおいしい茶碗蒸し初めて」と言ってくださり、なんとまあ。

また作りましょうか。(写真はありませんがね。おい)

 

買って来たお寿司を、ちょいちょいらっこが作ったと勘違いするこぎ母。

大丈夫大丈夫。

いつものことです。

こうして1日を過ごせておいしくご飯が食べられたのも、いつも通りでありがたい。

今日だけは、らっこがお寿司も握ったことにしておきましょうかね。

 

らっこがお寿司を並べる前に、こぎ母がおいしそうなカタログを眺めていました。

宮城県気仙沼の斉吉というお店のカタログでした。

え?っちょ、お寿司も美味しそうだけど、そんなおいしそうな写真を今見るの?とチラ見していましたが、何かおいしそうなものが見つかったのでしょうか。

 

夕食の後、らっこもカタログを拝見しました。

散々おいしそうな写真を眺めた最後に、裏表紙の一文になんだかハッとする気がしました。

 

とても素敵なので、引用させてください。

 

 

なにごともなく、

食卓に集まって、

ご飯を食べること。

あたりまえの毎日のこと。

私たちが思うしあわせは、

そういうことだと思います。

 

株式会社 斉吉商店 斉吉商品カタログvol.16 裏表紙より

 

何事もないようでいて色々あるのでしょうけれど、何事もなかったかのようにまた朝日は昇ってきてくれます。

 

洗い物をしながら、「今日はお寿司を食べたの?何かあったの?何の日だったの?」と尋ねるこぎ母。

 

ふふふ。

何度でも確認したいことだってあるんですよね。

 

お誕生日おめでとうございます。

 

 

 

明日のおかずはもやしですよ!

-介護, 暮らし

© 2020 らっこぎ