らっこ飯 ピーマン

ピーマンの梅おかか和え。苦いね。苦くないよ。どっちだよ|らっこ飯

らっこが作ったピーマンの梅おかか和えです。

こぎ母が、ピーマンを千切りにしてくれました。

耐熱容器に入れて、レンジで1分。

梅肉とかつお節、青じそドレッシングをたらして混ぜます。

器によそったら、もう一度かつお節を振りかけて完成です。

「いただきます」

 

ピーマンが生のままだと苦そうだったので、レンジにかけました。

ピーマン3個を500Wで1分は少しかけすぎなくらいでした。

ピーマンの緑が少々茶色に。

苦みは生で食べるよりもだいぶ抑えられたと思いましたが、こぎ母からは、

「ピーマン苦いね」

と言われてしまいました。

私も食べながら「苦い」と思いましたが、黙っていました。

ピーマンらしい苦さかな、と。

ツレが、

「そう?俺は苦くないけど?

ピーマンはもともと苦いからね」

と言っていました。

こぎ母にとっては、少し食べにくい苦さだったのかもしれません。

 

暑い夏には、「苦み」が滋養になるとかならないとか。

「夏には、苦くならない調理法で作るのは、ちょっともったいない感じですね。

苦みを食べたほうが夏にはいいってことです」(陰陽五行)

みたいなことを、らっこが信頼しているひーこー先生(誰だよ)が言っていたので、今度はレンチンなしの苦い苦い、にがにがピーマンに挑戦してもいいかもしれません。

 

とか思ったものの、緑茶を「苦いから」という理由であまり飲まない私が、苦いピーマンを食べられるかどうか(子どもか)。

 

ま、たぶん、苦みに強そうなツレとこぎ父は食べてくれるでしょう。

 

うんうん。

 

自分とこぎ母は……

 

 

 

ごちそうさまでした。

-らっこ飯, ピーマン,

© 2020 らっこぎ