めかぶ らっこ飯 大根

大根の葉っぱと皮のふりかけ。乾燥めかぶで美味しくできた|らっこ飯

らっこが作った、大根の葉っぱと皮とめかぶのふりかけです。

スーパーで買った大根の葉っぱ(10cm程度)が2本分たまってしまいました。

そのうち、お味噌汁にでも入れようかと思って刻んでおいたのですが、お味噌汁を作る機会が無さそうな気配。

フライパンで乾煎り乾燥させて、ふりかけにしてみました。

乾燥めかぶを砕いて入れたら、らっこが作るにしてはなかなか、本格的なふりかけに仕上がりました。

大根の葉っぱと皮のふりかけ

大根の葉っぱ 20cm分くらい(茎の部分・みじん切り)
大根の皮 20cm分くらい(みじん切り)
乾燥めかぶ 大さじ2(手で砕く)
黒すりごま 大さじ1
かつお節 1パック(2g)
塩 少々

大根の葉っぱと皮のふりかけ

1.みじん切りにした大根の葉の茎の部分と大根の皮をフライパンで乾煎りします。

2.水分が飛んでパラパラしてきたら、くだいた乾燥めかぶ、すりごま、かつお節を加えて混ぜます。

3.塩で味を調えて完成です。

大根の葉っぱと皮とめかぶのふりかけです。

温かいご飯にかけて、「いただきます」

 

めかぶがいい出汁になるのでしょうか。

かつお節のおかげでしょうか。

自分で作っておきながら、思いのほか、ちゃんとしたふりかけにできあがったので嬉しかったです。

 

大根の皮は、ピーラーでむいた薄い皮を更に細かくみじん切りにして加えてみました。

葉っぱの部分と程よく混ざりあい、不思議なくらいに違和感がなく食べられました。

 

スーパーに売っている大根についている葉っぱは、せいぜい10cm程度ですが、近所の農家の直売所で大根が買えるようになると、立派な葉っぱが切り落とされずについた状態で買えます。

茎の部分だけでなく、とげとげの葉っぱの部分も使って、たくさん作ってみるのも楽しみなレシピになりました。

 

ごちそうさまでした。

-めかぶ, らっこ飯, 大根

© 2020 らっこぎ