らっこ飯 カレー レンコン

鯖味噌好きにはたまらない?缶詰でさば味噌カレー|らっこ飯

らっこが作った、缶詰の鯖みそでカレーです。

鯖みその缶詰で、ささっと作れるカレーのレシピを発見。

鯖をほぐして水とカレールウを加えて温めるだけで、コクのあるカレーができるとかできないとか。

スーパーで、鯖みその缶詰が1缶109円(税抜き)になっていたので、4個買ってもらって作りました。

レンコンも入れて豪華に仕上げたら、鯖みそ好きのこぎ母とこぎ父には大好評。

「こんなにおいしく食べられるなんて」と喜んでいただきました。

甘い味付けの鯖みそ缶が苦手なツレとらっこは……(こっほんこほん)

さば味噌カレー。具はレンコン

鯖缶(味噌煮)4缶
蓮根(1節)200gくらい(乱切り)
カレールウ 1/2箱(5~6皿分・4ブロック)
水 4カップくらい

4人分と、次の日も4人で軽く食べられるくらいの量になりました。

さば味噌カレー。具はレンコン

1.さば味噌の缶詰を汁ごと鍋にあけ、身をほぐします。

2.レンコンと水を加えて火にかけ、レンコンに火が通ったら一度火を止め、カレールウを加えて5~10分置いておきます。

3.ルウがふやけたらよく混ぜて溶かし、弱火にかけてとろみがでたら出来上がりです。

4.お皿によそったご飯にたっぷりかけて「いただきます」

 

===

用意した材料はこちらです。

さば味噌缶とレンコンです。

さば味噌缶とおまけのレンコンです。

1人分のレシピを見つけた時には、材料がシンプルだったので、手軽にお安く作れるような気がしていたのですが、4人分と思って並べてみると、ん?野菜たっぷりで煮たほうがお安いのでは?と思わなくもありませんでした。

600円オーバー……

缶詰ひとり1個と思って4個使いましたが、3個か2個でも十分かもしれません。

贅沢なカレーになりました。

さば味噌煮缶詰を鍋にあけた様子です。

汁ごと鍋にあけました。

レシピでは身をほぐすとあったので、ほぐします。

身をほぐしきらなかったさばです。

ほぐし始めてすぐに、なんだかもったいない気がしてきて、せいぜい半分にする程度で、ほとんどほぐしませんでした。

正解か?失敗か?

たぶん、レシピの通りほぐしても鯖の味は楽しめると思います。

ほぐさなかった失敗の理由は後述しますが、ほぐさないのもこれまた贅沢なカレーで悪くなかったと思います。

さばの味噌煮にレンコンを加えたところです。

レンコンを加えます。

水を加えたサバカレーです。

水も加えます。

お味噌汁か豚汁みたいな見た目ですが、カレーを作っています。

火にかけてレンコンを煮ます。

 

ごぽっ。

ごぽぽっ。

 

沸騰する前から、お鍋の中で何かが破裂しているような音が……

 

まさか穴だらけのレンコンが破裂するとは考えにくいので、どうやら味噌汁の中のほぐしきらなかったさばの身が、お鍋の中で小さく破裂していたようです。

さばの身をほぐさなかった失敗とはこのことです。

「ごぽごぽ」音はうるさかったですが、ときどきしっかりかき混ぜていたので、汁が飛び散って爆発するほどの破裂ではありませんでした。

さば味噌カレーを作っています。

沸騰したらアクを取ります。

そのうち、「ごぽごぽ」音も聞こえなくなりました。

肝心のレンコンが煮えたかどうか、イマイチどう判断したらいいのかわからなかったのですが、弱火にしてふたを少しずらし、10分くらいでしょうか。黙って煮ました。

たぶん、レンコン、煮えました。たぶん。

カレールウを加えます。

カレールウを加えたさば味噌カレーです。

らっこが買ってもらっているルウは、ゴールデンカレーです。

ゴールデンカレーの箱です。

おいしいですよね。たまにほかのルウにも浮気してみたいです。なかなか機会がありませんけど。

焦らず騒がず、ふたをしてしばらく置いておきます。(すぐに混ぜない)

ルーがふやけた状態です。

5~10分置いておきますと、ルウがふやけてくれますので、あとはよくかき混ぜて溶かします。

こうすることで、ルウがダマにならずに作れます。(箱に書いてあります。)

ルウが溶けて、とろみがついた状態です。

弱火にかけてときどきかき混ぜていると、とろみがついてきます。

 

これで完成!しているのですが、仕込んだこの日、ツレとこぎ父が、こぎ母の健康診断の帰りに寄ったスーパーで、お刺身と焼き鳥を買って来てくれました。

カレーの付け合わせにと、ゆで卵も用意していましたが、この日は出番なし。

ゆで卵4つです。

ゆで卵は、次の日のお昼に食べました。

さばカレーは一晩おいて、次の日の夜に温め直しました。

温め直したさばカレーです。

弱火でコトコト。焦げ付かせないよう、せっせとかき混ぜたので、気のせいかしらん?さばの身が勝手に崩れてくれています。

ご飯をよそったお皿にたっぷりかけます。

レンコンカレーです。

らっこの分は、心なしかレンコン多め。

さば味噌カレーです。

ほかの人の分にはサバたっぷり。

「いただきます」

 

 

さば味噌カレー。具はレンコンの余談。

らっこには、さば味噌の風味が少々強すぎました。

あちゃちゃ。

味が濃い!

 

元々、さばの味噌煮の缶詰がお好きだったこぎ母とこぎ父は、あらまあ、そんなに喜んでいただけるなんてと恐縮するくらい、おいしいじゃないかと喜んでくださいました。

「こんなにさばの缶詰が美味しく食べられるの?びっくりだねえ」

と、こぎ母。

さばの缶詰は、甘い味噌煮よりも水煮が好みのツレも、「これは甘いの?(味噌煮?)」と聞くので、「甘いのです。味噌煮で作りました」と答えると、なるほどという風に納得していました。

 

ひとり分くらいなら、お鍋で煮込まずに、水とルウを同時に加えて、電子レンジで温めるだけで作れるそうです。具のレンコンは入りません。

カレーにレンコンが入っているのはおいしかったですが、芋好きのらっことしては、カレーにはじゃがいもが入っていてほしいなと自分で思いました。

 

また作るなら、味噌煮の缶詰を自分好みに減らすか水の量を増やすかどうか。

濃い味付けがお好きなこぎ母とこぎ父には、薄味に感じられてしまうかもしれません。

さばがゴロゴロ入ってほんと、贅沢なカレーでした。

さば味噌カレー、次はあるかな……?

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-らっこ飯, カレー, レンコン

© 2020 らっこぎ