ごはん さつまいも らっこ飯

さつまいもご飯。こういうご飯好き|らっこ飯

らっこが炊いたさつまいもご飯です。

こぎ叔父さんから頂いたさつまいもで、さつまいもご飯を炊きました。

お芋と塩だけ。

こういうご飯、らっこは好きです。

さつまいもご飯

お米 3合
さつまいも 小3本(洗って皮ごとさいの目切り)
塩 小さじ1/2くらい

さつまいもご飯

炊きあがったさつまいもご飯を混ぜたところです。

1.普段通りに研いで浸水させたお米に、塩を加えてよく混ぜます。水は気持ち少な目にしました。

2.刻んださつまいもをお米の上に敷いて、普段通りに炊きます。

3.炊きあがったら天地を返すようにかき混ぜて、お茶碗によそったら「いただきます」

 

===

お米を研ぎます。

こぎ母が3合、研いでくださっています。

炊飯器の目盛り、気持ち少な目の水で浸水させておきます。

 

こぎ叔父さん(ツレ・こーぎーの叔父さん)から頂いた里芋とさつまいも。

頂き物の里芋とさつまいもです。

さつまいもは、細くて小さなコもいます。

小さいコたちをご飯に炊き込みます。

洗ってまな板の上に置いた小ぶりのサツマイモ3本です。

3本、たわしでよく洗い、端っこの「これは食べられないかな?」と思うところは切り落としました。

本当は食べられたりして?

うんと細いのはそのまま輪切りにして、少し太いものは半月、あるいは厚いところはいちょう切りにして、全体的には、さいの目に切った気分です。

 

正味何グラムくらいになったでしょうか。

市販の立派なさつまいもだったら、1本全部だと多そうです。

お釜の上に敷き詰められるくらい、この量で調度よかったです。

刻んださつまいもを水でさらしています。

10分程でしょうか。水でさらしました。

炊飯器のお米に塩を加えて、よく混ぜます。

炊飯器にセットしたさつまいもご飯です。

お米の上にサツマイモを入れます。

混ぜずにこのまま炊きます。

スイッチオン。

 

お米とさつまいもを混ぜてから炊くと、どうなるんでしょうか。

お米がうまく対流できなくなるのでしょうか。

このあたりのことはいつも疑問です。

調べていないので、いつまでも疑問です。

 

こーぎー家の炊飯器は、浸水させたお米は30分で炊きあがります。

ぴー!

炊けました。

炊きあがったさつまいもご飯です。

ほんのり甘いさつまいもの香りと、かすかに感じられる塩気。

炊きあがったさつまいもご飯を混ぜたところです。

ごはんの天地を返してお芋をひとつ、お毒見です。

おお。

ちゃんと炊けています。

水分の多いお芋でねっとり。おいしい。

ごはんも軽くひと口。

お米に加えた塩加減も、主張しすぎずほんのり感じる塩気。

らっこの舌には大変にいい塩梅にできました。

お茶碗によそった食べかけのさつまいもご飯です。

お茶碗によそっていただきます。

ん?

ごはんが少ないって?

すみません。

よそったところの写真を撮り忘れて、こちら食べかけです。

お芋のねっとり感が伝わるでしょうか?

 

===

さつまいもをご飯に混ぜて炊く食べ方。

こぎ父(81歳)にとっては、戦争中の貧しく、お米が十分に食べられなかった頃の記憶を呼び起こすようです。

「お米がなかったから、お芋を混ぜて食べたんだよ」

農家出身のこぎ母は、

「お芋を混ぜて食べたことはなかったよ」

 

食べ物というのは、味以外にもいろいろな思い出を残してくれるようです。

らっこにとってのお芋ご飯は、どんな記憶になるんでしょうか。

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-ごはん, さつまいも, らっこ飯

© 2020 らっこぎ