仕事

アフィリエイトの挫折|収入がゼロでも作業をやめてはいけない理由

過去の成功を見送り、収入がゼロでも作業を続けるアフィリエイターのイラストです。14年間生活を支えてくれた引越しのサイトが圏外へ飛んでしまってから、そろそろ10ヶ月が経とうとしています。

完全にそのサイトからの収入がゼロにはならないため、復活を夢見てコンテンツの更新と追加を継続してはいます。

しかし、一番の稼ぎ時である3月4月への引越し見積もりが激増する時期にもかかわらず、サイトへのアクセスは一向に増える気配がなく閑古鳥が鳴いている状態です。

唯一の救いは、これまでアフィリエイト作業をすべてひとりで行ってきた私に、連れという相棒ができたこと。

現在管理するすべてのサイト、ブログのアイキャッチ画像などは、すべて彼女に任せています。

連れが一緒に頑張ってくれるという状態がなければ、もうとっくにアフィリエイトで食っていこうなんて気持ちをなくしていたかもしれません。

そもそも専業アフィリエイターでありながら、1サイトに依存してきたこれまでのリスク管理の甘さが招いた必然の結果ともいえます。

1サイトに依存していたアフィリエイターが、真っ青な顔で空から落ちています。
51歳からの就職活動|1サイト依存型専業アフィリエイターの末路

このまま収入がなくなってしまうのではないか・・・。 自サイトの売り上げが突然落ち始めると、専業アフィリエイターなら誰しも感じる恐怖ではないでしょうか。 アフィリエイトで生計を立て始めると、なかなか他の ...

アフィリエイトに挫折するとどうなるか

私の場合にはサイトへのアクセスの激減に対する心の準備がまったくできておらず、2週間ほどは『何かの間違いであってほしい。』とアナリティクスをただ見ているしかありませんでした。

サーチコンソールへのグーグルからのメッセージがないため、手動ペナルティーでないことはわかりました。

しかし、なんらかのフィルターにかかった自動ペナルティーなのか、アルゴリズムの変更によるものなのかは推測するしかありません。

『たまにあること。』『そのうち戻る。』など、自分に都合の良い情報ばかりをネットで探してしまうことになります。

一番の問題は、アフィリエイト作業にもっとも必要な記事を書く手が止まってしまうことでした。

もともとわずか40ページほどのたった1つのサイトで、14年間も生計を立ててこられたことが奇跡のようにも思えます。

現状に満足せず、ページを増やし続けるか新しくサイトを作るなど、今思えばできることはたくさんあったと思います。

アフィリエイトに挫折すると、過去の後悔ばかりして一番必要なアフィリエイト作業をしなくなってしまうんですね。

アフィリエイトは継続することが大事とよく言われますが、収入がほぼ入ってこなくなってしまっても継続できるかという瀬戸際に立たされています。

アフィリエイトに再挑戦すべきなのか

14年前にアフィリエイトだけで生計を立てられるようになってからというもの、趣味のスカイダイビングを好きなだけ楽しんできました。

海外へスカイダイビングをしに行っている間にも、自分で作ったサイトが完全放置で稼ぎ続けてくれました。

また、大型キャンピングカーを2台も保有することができたのも、すべてサイトが収益を生んでくれたおかげです。

なので、いったん軌道に乗ったサイトが収益を生み出し続けてくれる成功例を知っているので、アフィリエイトをやめるという選択肢はありません。

現状アフィリエイトだけで生計を立てることはできないので、ほかの仕事をしつつアフィリエイト作業も継続していくつもりです。

先日面接を通過した検診車ドライバーのアルバイトで食いつなぎ、再び専業アフィリエイターに返り咲く日が来るまで、連れと一緒にあきらめずに作業していきたいと思います。

今後のアフィリエイトの方向性

約10ヶ月前に収入源であったサイトが圏外へ飛び、アフィリエイト以外の収入源を確保しないと生活ができないところまで追いつめられています。

現在51歳の私の仕事探しも、アフィリエイターとしての視点からは格好のテーマですよね。

今の状況を前向きにとらえると、シニア世代の就職、転職系のサイトを作る絶好の機会かもしれません。

既存の引越しサイトの更新も続けていこうとは思っていますが、一度飛んでしまったサイトが元に戻ったという例はとても少ないようです。

約8ヶ月更新し続けても、引越しサイトが復活する兆しは見えなかったので、このサイトを深追いすることに時間を割くのは合理的ではなさそうです。

別ドメインで新しく引越しサイトを作り直すことも考えながら、サイトのジャンルを増やしていきたいと考えています。

やはり、お金、恋愛、ギャンブルなど人間の欲望に関連するジャンルのテーマを選んで、サイトの数を増やしていくというのが確実なリスクヘッジになりそうです。

かつては色々なジャンルのサイトを10サイトほど持っていたのですが、管理が面倒になりネット上から削除してしまったのですが、放置しておくという手もありましたね。

削除し忘れたレンタルスペースに作った成人向けのサイトからは、10年以上経った今もわずかながら売上があります。

必要がなければ、管理できなくてもサイトは放置しておくというのがおすすめです。

成功するのはやめなかった人

現在、アフィリエイト収入が壊滅的なダメージを受けている私が言っても説得力には欠けると思いますが、それでもいくらかは入ってきています。

完全に無報酬になればいっそあきらめて、アフィリエイトとはまったく関係のない仕事をするという手もあります。

しかし、やはり今の私と同じような経験をしたものの、『それでもやめなかったから今がある。』というアフィリエイトで成功している方も多いことがわかりました。

確かに、アフィリエイトに限らずスポーツや昔の偉人たちもそうですが、困難があってもやり続けた人が成功しているという事実がありますよね。

つまり、成功するまでやめなかった人が成功するということです。

お金が入ってこないのにアフィリエイト作業を続けることがどんなに大変なことか、今の私にはよくわかります。

きっと多くの人はこの段階であきらめてしまうのではないかと思います。

サイトが軌道に乗れば稼げるとわかっている私ですら、ときに一切を投げ出してしまおうと思うくらいですから。

先人に倣って、私も再び成功するまでアフィリエイト作業を続けていきたいと思います。

-仕事
-

© 2020 らっこぎ