暮らし

結婚記念日のお祝いに駅弁。豪華な夕食|らっこ

結婚記念日祝いの駅弁各種です。

こーぎーの父親の顔です。笑顔「明日が何の日か、お母さんわかる?」

今日が何日で何曜日かもわからなくなってしまうこぎ母に、こぎ父が楽しそうにきいています。

こぎ母の顔です。困った感じの表情です。「何?何の日なの?」

こぎ父の顔です。笑顔。「明日はね、私たちの結婚記念日なんだよ。56年目だ」

こぎ母の顔です。しっかりした意思表示です。「あらーそうなの?」

そうかっ、そうでしたか。

そう言えは1年前にもそんなやり取りがあった気はしますが、お祝いらしい準備を何もしていません。

冷蔵庫もちょうど空っぽです。

隣で一緒にきいていたツレは、特に関心はなさそうです。

ちょうど買い物に行きたいタイミングでした。

「駅弁フェア」をやるとのチラシ情報。

ツレに車を出してもらい、さっそく近所のスーパーに買い出しです。

 

見慣れない駅弁が数種。

ワゴンに2~3個ずつ残っていました。

ひとつかふたつ買ってもらえればいいと思ってたのですが、ツレが、

「結婚記念日のお祝いに、明日食べてもいいんじゃない?

あら?

賞味期限が今日までだな?

前日祝いってことで、今日食べよう。たくさん買って豪華にしよう」

大体そんな流れで、豪華になりました。

4人で食べるのに、駅弁5種類!

結婚記念日祝いの駅弁各種です。

うわっははーい。

お弁当バイキングです。

明石のひっぱりだこ飯。

蝦夷わっぱ。

釧路のいかめし。

北海道のたらば蟹海鮮御膳。

宮城の牛たん弁当。

宮城の牛タン弁当です。

牛タン弁当には加熱装置がついていて、ひもを引っ張って5・6分待つと、ホカホカのお弁当が食べられるというありがたい仕組み。

申し訳程度に、前日の残りのお味噌汁に豆腐を追加して、野菜をあれこれ細かく刻んでサラダに。

キャベツと人参ときゅうりと大根の千切りサラダです。

「いただきます」

 

珍しいあんなものやこんなものに、こぎ父もこぎ母もとても喜んでくださり、記念日当日はどうしましょうって、たぶんいつも通りです。

 

56年目。

おめでとうございます。

 

ツレと私はあと56年、一緒に過ごせるのだろうかと、そんなことを考えた夜でした。

-暮らし

© 2020 らっこぎ