もやし らっこ飯 納豆

ポン酢がおいしい。もやし納豆|らっこ飯

らっこが作った、ポン酢がおいしいもやし納豆です。

ポン酢で蒸し焼きにしたもやしと納豆を絡めました。

まな板も包丁も使わずに完成。

よし。いってみよう。

もやし納豆ポン酢味

もやし 1袋
納豆 1パック(付属のタレとからしで混ぜておく)
ポン酢 大さじ1
チリペッパー 1振り
ごま油 少々
山椒 お好みで

 

らっこ、もやし納豆ポン酢味を作る

ポン酢がおいしいもやし納豆です。

1.フライパンにもやしを入れ、ポン酢を振りかけふたをして、弱火で蒸し焼きにします。

2.好みのタイミングで火を止め、蒸したもやしに、納豆、チリペッパー、ごま油と、好みで山椒を振りかけて混ぜ合わせたら、お皿によそって完成です。

 

●もやしを弱火でじわじわ蒸したので、時間は10分ほどかかっています。

●食感はしゃきしゃきで、納豆と合わさってトゥルントゥルンです。

時間短縮に、さっと茹でたり、強火で炒めたり、レンジでチンでもよさそうですが、最近、弱火でじわじわがお気に入りならっこです。

 

===

フライパンに入ったもやしに、ポン酢を加えるところです。

テフロン加工のフライパンに、もやしを入れます。

ポン酢(大さじ1)を振りかけてふたをして、弱火にかけて蒸し焼きにします。

もやしを蒸しています。ふたが蒸気で曇っています。

ふたの内側に水滴がついてきたら、焦げないようにさっと混ぜて様子を見ます。

もやしを蒸し焼きにしています。

まだ、白いままのもやしがたくさん見えます。もうしばらく蒸します。

 

蒸している間に、納豆をかき混ぜておきます。

付属のタレとからしも入れてよく混ぜます。

 

そういえば、ふたがガラスでない場合、どうやって判断するんでしょうね。

誰か教えて。(ください)

 

ふたについた水滴がフライパンの中に落ちると、焼き音がじゅわ―と大きくなります。

らっこは、じゅわーとなる前に様子を見ました。

蒸し焼きにしたもやしです。

もうしばらく蒸して様子を見ると、8割ほど透き通ったように火が通りました。

後はふたを外したままで優しく混ぜながら様子を見て、9割火が通ったかな?くらいで火を止めます。(らっこの好みです)

火にかけてから10分くらいたっていました。

包丁もまな板も使っていませんが、時間は使っていますね。

 

蒸したもやしに納豆とチリペッパーとごま油をたらしたところです。

蒸したもやしに納豆(1パック)、チリペッパー(ひと振り)、ごま油(香りづけ)、好みで山椒(最近好き)を加えて混ぜ合わせます。

斜め切りにした長ネギの青い部分です。

お味噌汁用にと、こぎ母が刻んでくださっていたねぎの青い部分がおいしそう。

もらっちゃえ。

もやし納豆にねぎを加えたところです。

もやし納豆にちょぴっと拝借。

緑が入ると見た目もきれい。

縁の赤い模様がきれいな大皿によそって、「早い者勝ちです」と出そうとしましたが、小皿に取り分けました。

ポン酢がおいしいもやし納豆です。

ねぎはどこ行った?

いかんせん。

ごま油と納豆が絡んだもやしは、表面がトゥルントゥルンで取り分けにくそうだったからです。

もやし納豆を器によそい、もやしが一番上にある様子です。

納豆が上に見えるようによそった方が、おいしそうに見えます。

ねぎどこ行った?

 

「いただきます」

 

もやし納豆ポン酢味の余談

ずずずっ。

もやしと納豆を一緒に口に入れようと、男性たちはお蕎麦をすするような音を立てていました。

シャキシャキシャキ。

小気味いいもやしの咀嚼音が続いて聞こえてきます。

音がおいしい。

ツレもこぎ父も、「お?おいしいねこれ」って食べてくださる。

こーぎーの母親の顔です。笑顔「もやしに小粒の納豆を合わせて?おいしいねえ。お酢も入っているの?」

らっこの顔です。どや顔です。「ポン酢ですよ」

ポン酢がよく染みたもやしに、納豆がよく絡んでおいしい。

小皿に取り分けて正解です。

4人で均等に食べられました。

 

おかずがもやし納豆だけだと寂しい食卓かもしれませんが、らっこだけで食べるなら、ごはんともやし納豆だけでもいいわ。

マヨネーズと半熟卵と削り節なんか振りかけたらもう、立派な丼もの!

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-もやし, らっこ飯, 納豆

© 2020 らっこぎ