しめじ もやし らっこ飯 ピーマン 納豆

もやし納豆豪華版|らっこ飯

らっこが作ったもやし納豆の豪華版です。

野菜室に、前日の日付が印刷されたもやしが2袋。

おっとっと。

お買い物は計画的にな。

もやし2袋で贅沢なもやし納豆です。

もやし納豆豪華版

もやし 2袋(さっと洗って水に浸しておく)
ポン酢 大さじ2
しめじ 1/2株(小分けにする)
ピーマン 1個(縦に千切り)
納豆 1パック(付属のタレとからしでよく混ぜる)
ごま油 小さじ1くらい
もみのり お好みで

しめじは1株、全部使おうと思ってテーブルに出しておいたら、気がついたこぎ父が、「しめじも入れるの?」と、お味噌汁を煮始めたところだったこぎ母に声をかけ、「入れようか?いいよ?」と言う感じで、らっこが使うしめじは1/2株になりました。

 

らっこ、もやし納豆豪華版を作る

もやしと納豆です。

1.水気を切ったもやしをフライパンに入れ、ポン酢を回しかけて蒸し焼きにします。

2.頃合いを見てしめじとピーマンも加えて蒸し焼きにします。

3.もやしの水気を切って器によそい、納豆と混ぜ合わせたら、ごま油を回しかけ、もみのりを散らして出来上がりです。

もやし納豆豪華版です。納豆はどこでしょう。

納豆が隠れて見えません。

かろうじて1粒。

もやしかくれ納豆です。

 

===

もやしは、普段は洗わずに使うことがほとんどですが、今回は一応洗いました。

昔テレビで、もやしの生産者さんが「洗わなくてもそのまま食べられる衛生状態で出荷しています」と解説していたのを覚えていて、その言葉を信じています。

別段、酸っぱい臭いがしたとかまったくなかったので、大丈夫だと信じています。

フライパンにもやしを敷き詰めて、ポン酢をとぽとぽ。

ポン酢は、1袋で作ったときに大さじ1だったので、今回は大さじ2杯入れました。

ふたをして、弱火でじわじわ。

ふたに水滴がついてきたら軽く混ぜて、またふたをしてじわじわ。

もやしとしめじとピーマンを蒸しています。

もやしが半分透き通ったくらいで、しめじとピーマンも加えてふたをしてじわじわ。

納豆をかき混ぜて、からしとタレを加えてよく混ぜておきます。

フライパンにたまったもやし汁です。

もやし1袋で作った時には、そんなに水分が出なかったのですが、ポン酢大さじ2杯は多かったのでしょうか。

もやし汁が大量流出でした。

もやしが9割がた透き通ったら、火を止めます。

もやしと納豆です。

もやし汁をすくわないようにどんぶりに移して、納豆投入。

もやし全量と納豆を一度に混ぜるのは大変そうだと思い、納豆1パック全部に、もやしを少しずつ加えて混ぜた結果。

もやし納豆豪華版です。納豆はどこでしょう。

納豆が底の方に沈んでしまいました。

気にせず、香りづけのごま油と、気分でもみのり(手でちぎっただけ)をふりふり。

もやし納豆豪華版の完成です。

ん?納豆がどこにいるのかわからないって?

ほら、

もやし納豆豪華版の、納豆一粒です。

申し訳程度に1粒、見えませんか?

 

「いただきます」

 

もやし納豆豪華版の余談

もやし汁で切り餅を茹でています。

フライパンに残ったもやし汁がもったいなかったので、前の日に焼いて食べきれなかった切り餅を茹でてみました。

こーぎー好きでお餅好きのらっこは、焼いたお餅も茹でたお餅も何でも好きです。

ふやけた切り餅です。

ふたをしてしばらく放っておいたら、あらら?カッチカチに乾いていた切り餅が、少々ふやけすぎ?

お餅なら何でも好きならっこですが、茹で加減は少し残念。

もやし汁に沈んだ切り餅です。

汁ごとお茶碗によそって、ごはんと汁ものの完成です。

ポン酢が酸っぱい。(当然だ)

お餅がやわらかい。(そらそーだ)

切り餅1個だけではさすがに足りず、ごはんをおかわりして、もやし汁に浸して食べるというらっこ飯……

人にはさせられませんが、こんなご飯も嫌いじゃないらっこです。

 

===

ピーマンんとしめじともやしで、普通の野菜炒めだと思ったらしいこぎ父が、

こぎ父の顔です。にっこり。「あら?納豆が入っているんだね?おいしいよ」

気に入ってくださったようでした。

ポン酢で蒸しているのですが、もやしにはほんのりポン酢が染みている程度で、味付けはほとんど納豆です。

納豆って、結構タレでしっかりと味が付くんですね。

こぎ母は、

こぎ母の顔です。しっかりした意思表示です。「これには何をつけて食べたらいいの?」

ときいてくださったので、「味は付いているので、食べてみて足りなかったら足してください」とお伝えしたら、普段は濃い目の味付けがお好きなこぎ父が、「味は付いてるからそのまま食べたらいいよ」と言ってくださいました。

しめじのダシも出たのでしょうか。

おいしい。

ピーマンの緑がやたら豪華に見えました。

味の付いていないのりを散らしましたが、韓国のりなんかを散らすと、それはそれでおいしそうじゃありませんか?

こーぎー家に来てから、韓国のりを食べていない気がします。

思い出すと食べたくなります。

 

もやしと納豆だけなら、まな板も使わずにできる料理なのに、ずいぶん豪華なもやし納豆になりました。

おいしくいただきました。

 

ごちそうさまでした。

読んでくださり、ありがとうございます。

-しめじ, もやし, らっこ飯, ピーマン, 納豆

© 2020 らっこぎ