かまぼこ にんじん もやし らっこ飯 大根 納豆

【正月編】もやし納豆かまぼこ入り|らっこ飯

らっこが作ったかまぼこ入りのもやし納豆です。

お正月だってもやし納豆です。

お雑煮に使った大根と人参の皮の千切りと、お正月らしくかまぼこを入れました。

せっかく豪華なもやし納豆だったのですが、まわりにもっと豪華なおせちが並んでいたので、今回のもやし納豆には、完全ノーコメントでした。

もやし納豆かまぼこ入り

もやし 1袋
納豆 1パック(付属のタレ・からしでよく混ぜる)
ポン酢 大さじ1くらい
かまぼこ 好きなくらい(紅しょうが入りを1本使用・太めの千切り)
大根やにんじんの皮 あるだけ(千切り)

自家製のポン酢で塩分が弱いためか、少し物足りなさもありました。

かまぼこで塩味が強くなるかと思ったのですが、そのまま食べておいしいかまぼこは、調味料ではないですね。

 

らっこ、もやし納豆にかまぼこを入れる

もやし納豆を作っています。

1.フライパンにもやし、千切りにした大根と人参の皮を入れ、ポン酢を振りかけふたをして、弱火で蒸し焼きにします。

2.蓋に付いた水滴が大きくなったらふたを開けてさっと混ぜ、刻んだかまぼこも加えて、再び蒸し焼きにします。

3.もやしが好みのかたさになったら火を止め、よくかき混ぜた納豆を加えて混ぜ合わせたら、小皿に取り分け出来上がりです。

 

野菜室から出したばかりのもやしは冷たいせいか、弱火だと蒸し続けても焦げずに出来上がります。

一回も混ぜることなく蒸し焼いたこともあったのですが、残念。

その時は時間を計っていませんでした。

基本的には、かき混ぜなくても大丈夫よってことです。

 

===

お雑煮に使った大根と人参の皮を千切りにして、もやしと一緒にフライパンに入れます。

ポン酢を振りかけ、ふたをして弱火で蒸し焼きにします。

かまぼこを切ります。

紅しょうが入りの白釜揚げです。

今回使わせてもらったかまぼこは、宮城県石巻の白鎌(しらかま)のかまぼこで、紅しょうが入りの小さいのを1本。

こぎ母の御友人が贈ってくださったものです。

こぎ母が60年以上前、学生時代に禁止されていた買い食いを、友だちたちとこっそりしていたらしい(時効ですね)、思い出のあるお店だそうです。

もやしよりも少し太いくらいの千切りにして、もやしのフライパンに加えます。

もやし納豆を作っています。

せっかく、華やかに~と思って、赤く染まった紅しょうが入りを使ったつもりが、にんじんの皮の赤の方が目立つような気がします。

まあいいか。

大根の皮に至っては、完全にもやしと同化しているではありませんか。

食べると味が全然違うので、大根の存在感はありましたけどね。

 

ふたをして、もやしが透き通るまで引き続き蒸し焼きに。

その間に、納豆を50回かき混ぜて、からしとタレを加えてもう50回かき混ぜて、やっぱりもっとかき混ぜて、粘りをたくさん作っておきます。

もやしが透き通って、このくらいかな?いいかな?と思ったところで火を止めます。

ある程度蒸し焼きにして、後はふたを取ってかき混ぜながら、好みの固さに仕上げたらいいと思います。

今回は、もやしの水分はほとんど出ることなく、水っぽくなりませんでした。

やったね。

予熱でも火が通っていると思いますが、弱火でじわじわ調理すると、食感は残っているように感じます。

シャキシャキのもやし納豆もいいですが、しんなりもやしとからんだ納豆もおいしいので、どっちでもいいんです。(らっこ飯)

フライパンで蒸したもやしに納豆を

火を止めたもやしのフライパンに、納豆投入。

もやしの塩加減は、納豆を加える前に味見をしてみるといいかと。

塩やしょう油で味を調えます。

今回何も加えなかったので、少し薄味でした。

フライパンの中でもやしと納豆が混ざり合っています。

ぐるぐるぐるっとかき混ぜて、全体がヌルヌルして菜箸が滑るようになったら器に取り分けます。

取り分けたもやし納豆です。

ひとりで食べるのなら大皿でいいでしょうけど、何しろ滑って取りにくいので、食べる人数分、小皿に分けるといいです。

もやし納豆のかまぼこ入り、正月バージョンです。

かまぼこを、もう一本くらい贅沢に使ってもよかったかな?と思いつつ、贅沢なもやし納豆の完成です。

 

「いただきます」

 

お正月のもやし納豆の余談

頂いたおせち料理と、買ってきたカニといくらです。

この日テーブルに並んだのは、こぎ義妹さんのお母さまが作ってくださったというおせち料理に、買って来たカニといくらとホタテ。

お正月です。

せっかくかまぼこが入って豪華なもやし納豆も、霞む霞む。

好きなのでいいですけど。

頂いたおせち料理のおかげで、本当にお正月らしい食卓になりました。

黒豆を煮ただけで、お正月の準備ができた気でいましたから、ああもう、なんてありがたいのでしょう。

実は、さつまいもも栗の甘露煮もスーパーで買って来て置いておいたのですが、置いたまま新年を迎えておりました。

別々に食べようかな。

 

 

そのうち……(遠い目)

 

もやし納豆への、更なる進化を自分自身に期待する、そんなお正月のもやし納豆でした。

 

そうそう。

タッパーに入っているおせちは、「いただいたんですよ?らっこが作ったんじゃありませんよ?」

何度言ってもこぎ母は、らっこが作ったと思い込んでしまっているようでした。

「こんな珍しいものを食べさせてもらって、らっこさんのおかげで」

「そうですねえ。私が作ったんじゃないんですけどね?」

もう、そういうことにしておこうかと思ってしまいますが、一応、毎回訂正し続けました。

ふう。

だってらっこには、こんな風には作れませんから。

ふう。

 

おいしかったぁ……

 

 

おせちが。

 

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-かまぼこ, にんじん, もやし, らっこ飯, 大根, 納豆

© 2020 らっこぎ