介護 暮らし

干し柿が好き|らっこ

らっこです。

ある日の夕食後です。

満腹なこぎ母です。

お腹がいっぱいになったこぎ母に、

 

干し柿をこぎ母にすすめるこーぎーです。

ツレが干し柿をすすめました。

 

こーぎー家の皆さんは、干し柿が大好き。

シーズン中には、できるだけ切らさないように買い置きしています。

干し柿を半分欲しがるこぎ母です。

 

普段でしたら、ごはんの後の干し柿はペロリと1個食べるこぎ母ですが、よほどお腹がいっぱいだったのでしょうか。

半分でいいとのリクエスト。

「半分?1個食べられるよ」

こぎ父にすすめられ、

「これならどう?小さいよ?」

ツレにすすめられ、結局半分にしていない、丸ごと1個の干し柿を受け取りました。

干し柿を割くこぎ母です。

ツレもらっこも、干し柿を食べるときにはパクリとかじりついていますが、こぎ母はいつも、二つか三つに割いて食べています。

(あれ?こぎ父はどう食べてたっけ?)

黙々と干し柿を食べるこぎ母です。

半分に割いた干し柿を食べて、

 

 

黙々と干し柿を食べるこぎ母です。

 

食べて、

 

 

 

ぼーっとしているこぎ母です。

しばらくぼーっとしていました。

 

 

 

ぼーっとしているこぎ母です。

 

 

 

 

 

 

 

 

はてとするこぎ母。

 

 

何かに気がついたこぎ母。

 

 

両手を見てハッとするこぎ母。

 

 

何も持っていない両手を見つめて、はっと驚いていました。

 

キョロキョロと、目線がテーブルの上を泳ぎました。

テーブルの上をキョロキョロするこぎ母。

 

 

小皿にもなる箸置きの上で止まった目線。

 

 

干し柿のヘタを見つけたこぎ母。

干し柿のヘタです。

 

 

 

干し柿のヘタに手を伸ばすこぎ母。

そろりそろりと右手を伸ばし、干し柿のヘタをつまんで持ち上げると、

 

 

 

 

 

 

 

干し柿のヘタを持ち上げてがっかりするこぎ母。

 

あ~あ。

全部食べちゃった。

 

 

ヘタだけになった干し柿を見て、

あ~あ

って顔に書いてありました。

 

 

食べる前は本当に、半分だけ食べるつもりだったようです。

 

全部食べちゃったんですね。

好きだから。

 

 

あとどのくらい、好きなものを食べて過ごせるでしょうね。

 

腹八分目という概念は、こーぎー家にはありません。

 

今年から、干し柿は冷蔵保存するようになりました。

どうぞ、まるごと1個食べてください。

-介護, 暮らし

© 2020 らっこぎ