ごはん らっこ飯

炊飯器でチャーハン。炊き込みご飯?チャーハンです|らっこ飯

らっこが炊飯器で作ったチャーハンです。

炊飯器でチャーハンを作りました。

炊き込みご飯と言えばいいのでしょうが、チャーハンの素を使っているので、チャーしてないハンです。(なんじゃそりゃ)

お鍋不要で油を使っていないので、カロリーは抑えられていると思います。

炊飯器でチャーハン

お米 3合
ねぎ 1/2本

しいたけ 3枚
にんじん 1/2本
ロースハム 4枚
しょうゆ漬けのにんにく 1片
卵 2個
チャーハンの素 2人前

炊飯器でチャーハン

みじん切りにした、ねぎ、にんじん、しいたけ、ハムです。

1.お米を研いで、炊飯器で浸水させておきます。

ねぎ、しいたけ、にんじん、ハムをみじん切りにします。

にんにく醤油です。

2.こぎ母(ツレ・こーぎーの母)が、ご自分で料理でもなんでもしていた頃、妹さんから頂いたにんにくで漬け込んだ「にんにく醤油」のにんにくをみじん切りにします。

くさくて食欲をそそる香りとはまさにこれです。

炊飯器に入れた、お米、水、みじん切りにししょうゆ漬けのにんにくです。

3.炊飯器で浸水させたお米に、にんにくのみじん切りを入れます。

みじん切りにしたねぎ、にんじん、しいたけ、ハムを炊飯器に入れました。

4.ほかの材料、ねぎ、にんじん、しいたけ、ハムも、みんな入れます。

炊飯器に、刻んだ野菜とチャーハンの素を入れたところです。

5.チャーハンの素、2人前も入れます。

スズケンの焼豚チャーハンの素です。

6.炊飯器のスイッチオン。普通に炊きます。

使ったチャーハンの素は、こーぎー家で長年愛用している「だしの素」を作っている会社から、おまけでもらったそうです。

炊飯器用ではありません。

普通にフライパンで、ごはん250gに1人前を使う分量になっています。

お米3合で3人前を使うと、味が濃くなりそうで、2人前にしました。(味は薄くなかったです。ちょうどいい感じ)

炊きあがったチャーハンの素ご飯です。

7.炊きあがりました。

湯気でカメラが曇っています。(すみません)

にんにくのいい香りです。

炊きあがったチャーハンの素ご飯を混ぜたところですです。

8.軽く混ぜます。ちゃんと炊けています。一安心です。

炊きあがったチャーハンの素ご飯に、溶き卵を回しかけます。

9.卵を溶いて、炊飯器の鍋肌に流し入れます。

蓋をしてしばらく蒸らします。

余熱で卵はほどほどに火が通ります。

炊きあがったチャーハンの素ご飯に回しかけた溶き卵に余熱で火が通りました。

10.5分か10分したらもう一度ごはんをかき混ぜます。

卵が焼けて、きれいな黄色になりました。

鍋肌に触れていなかったところの卵はまだナマっぽいので、混ぜながら鍋肌側に寄せておきます。

炊飯器で炊いたチャーハンです。

11.器に盛って、黒コショウを少々かけました。

「いただきます」

 

炊飯器でチャーハンの余談

フライパンも中華鍋も油も使わなくても、チャーハンの素のおかげでそれらしいチャーハンになりました。

油を使って炒めていないので、過剰な油やカロリーを気にするツレには気に入ってもらえました。

こぎ父(ツレ・こーぎーの父)には、炊飯器で炊いたことを伝えてお出ししたからか、

「炊き込みご飯、おいしいね。チャーハンみたいだね」

と言われました。

「炒めていないので、チャーしていないハンです」

と答えました。

ハムやにんじん、ねぎとしいたけと、入れられそうなものはたくさん入れておいしくなったと思います。

にんにくの香りが私にはたまらなくおいしい香りでした。

炒めていないからか、水が多かったからか、お箸で食べられるチャーハンでした。

おいしかったけど、パラパラチャーハンが食べたいときには、向いていないかもしれません。

私は、何度かお鍋を使っても、パラパラにはできなかったので、あまり関係ありません。

パラパラチャーハンも食べたいな。

 

そして、3人で3合を一度には食べきれません。

炊飯器で炊いたチャーハンに、刻んだ大根の葉を散らしました。

次の日のお昼には、お味噌汁用に刻んでタッパーに入れておいた大根の葉を散らして。

炊飯器で炊いたチャーハンに、自家製の紅生姜を添えました。

夜には、紅生姜を添えていただきました。

ごちそうさまでした。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-ごはん, らっこ飯

© 2020 らっこぎ