いんげん らっこ飯

インゲンとハーブウインナーの蒸し焼き|らっこ飯

らっこが作った、インゲンとハーブウインナーの蒸し焼きです。

近くの農家の直売所で買ってきました。

近くの農家の直売所で買った、モロッコインゲンです。

ツレが業務スーパーで選んでくれたハーブウインナーと合わせて、蒸し焼きにしてみました。

調味料は塩だけです。

インゲンとウインナーの蒸し焼き

インゲン 1袋(斜め切り)
ウインナー 4本(斜め切り)
水 少々
塩 少々

インゲンとハーブウインナーの蒸し焼き

斜め切りにしたインゲンとウインナーをフライパンに入れました。

1.刻んだインゲンとウインナーをフライパンに入れます。

フライパンに蓋をしました。蒸し焼きにします。

2.水を振りかけてふたをして、蒸し焼きにします。

蒸し焼きにしているインゲンとウインナーです。まだナマっぽいです。

3.蒸し加減がわかりません。

4分たってふたを開けたら、まだ生っぽいです。

ふたをして、またしばらく待ちます。

蒸し焼きにしているインゲンとウインナーです。まだナマっぽいところに塩を振りました。

4.もう2分くらいして見てみても、やはりまだインゲンの色がナマっぽいので、塩を振ってさっと混ぜ、再びふたをします。

インゲンが色よく蒸しあがりました。ウインナーも焼けたようです。

5.もう何分くらい待ったでしょうか。ふたを開けたらインゲンがようやっと青くきれいな緑色に変わっていました。

写真だと、色の変化がわかりずらかったです。すみません。

ウインナーも焼けたようで、ウインナーの油がインゲンにまわって、あらまあおいしそうです。

インゲンで味見をして、塩加減もOK。

インゲンとハーブウインナーの蒸し焼きが完成しました。

6.器によそって完成です。

 

「いただきます」

 

インゲンとハーブウインナーの蒸し焼きの余談

夏になると、よく、母親がお味噌汁に入れてくれていた記憶がありますが、自分で買って調理するのは初めてでした。

近くの農家の直売所で買った、モロッコインゲンです。

何て名前か、わかりませんでした。

農家の直売所で買ったので、袋には何も印刷されていません。

レシートもありません。

ツレ「さやえんどうでしょ?」

私「ええ?インゲンだと思います。」

ツレ「違うでしょう。一緒に買った細長いのがインゲンで、この平べったいのはさやえんどうでしょ?」

私「え?」

確かに、普段は冷凍食品で買っているさやいんげんも一緒に買いましたが?

え?あれ?

インゲンじゃないのか……?

画像で検索してみたら、「モロッコインゲン」だろうという結論に。

違ったらごめんなさい(誰に?農家さんに)

 

母親が作ってくれていたインゲンは、いつももっと茶色っぽくてしな~としていましたが、やったあ、ふっくら青々とできました。

なんのハーブかよくわかりませんが、ウインナーも香りが立っておいしいじゃないの。

ウインナーの油が蒸しているうちにたくさんにじみ出たのか、油をしかずに蒸してみましたけど、じゅうぶんおいしくいただけました。

 

今度スーパーでも探してみようと思います。

そして名前も判明するでしょう……!

 

ごちそうさまでした。

-いんげん, らっこ飯

© 2020 らっこぎ