らっこ飯 カレー

ナスとトマトとズッキーニカレー。夏カレーは酸っぱかった|らっこ飯

らっこが作った、ナスとトマトとズッキーニのちょっぴりすっぱいカレーです。

夏野菜がたくさんあったので、久しぶりにカレーを作りました。

野菜を大きく切って煮込んだので、お肉がないことを忘れるくらい、食べていて満足感がありましたよ。

ナスとトマトとズッキーニカレー

ナス 2本
トマト 小4個
ズッキーニ 大1/2本
水 750ml(ルウの分量)
カレールウ 5~6皿分

準備。

ご飯を炊きましょう。

ナスとトマトとズッキーニのカレー

ズッキーニ1本、ナス1本、小ぶりなトマトが4個、ざるの上にのっています。

1.すべての野菜を、大き目の乱切りにします。

上の写真の材料を用意して、ナスから切りました。

1本のナスからは、乱切りにしたら7切れにしかならなかったので(4人で食べるカレーなのに)、もう1本追加。

ズッキーニは大きくて下のほうの太い部分だけ、1/2本に減らして、トマトは4個全部使いました。

フライパンに、カレーのルウの分量の水と野菜を入れて煮ています。

2.フライパンに野菜と水を入れ、火にかけます。

ふたをして煮ました。

フライパンでカレーの材料を煮込んでいる様子です。

沸騰したらアクを取り、野菜が柔らかくなるまで煮込みます。

フライパンで煮込んでいるカレーの材料が煮えてきました。

しばらくすると、ナスが柔らかくなってきました。

フライパンの火を止めて、カレールウを投入したところです。

3.いったん火を止めて、カレーのルウを割り入れます。

今回使ったカレールウはコチラ。

S&Bのゴールデンカレーのルウです。

ありがとうゴールデンカレー。

おいしいよゴールデンカレー。

箱の裏面に記載されていることですが、

すぐにはかき混ぜず、5分くらいそのまま置いてからかき混ぜてルウを溶かすのが、なめらかソースのコツだそうです。

ルウを加えてから、焦ってすぐに溶かそうとしてかき混ぜると、かえってきれいに溶けないんですよね……(以前の自分)

大きなダマになって固まってしまったルウ……(懐かしい)

カレールウを加えて、約10分そのままにしておいた状態です。

カレーに入れなかったズッキーニの残り半分を、刻んで梅酢で漬けて浅漬けを作っているうちに、10分くらいたっていました。

フライパンの中のルウは、いい感じにやわらかくなってくれているようです。

カレーのルウを溶かしている様子です。

4.ゆっくりかき混ぜながら、ルウを溶かします。

カレーのルウが、だいたい溶けたかなあ?という様子です。

だいたい溶けたように見えますね。

ときどき、お玉にくっついてしまうダマになったカレールウです。

溶かし混ぜていると、ときどき、ドロッとした塊に当たりますが、お玉ですくってみると上の写真のような感じです。

それほど大きな塊ではないので、お箸でちょちょちょいっと溶かせます。

弱火で煮込んでとろみがついたカレーです。

5.仕上げに、再び弱火にかけ、ときどきかき混ぜながら、とろみが出るまで煮込みます。

ナスとトマトとズッキーニを煮込んだカレーをお皿によそったところです。

6.お皿にご飯とカレーをよそいます。

「いただきます」

 

ナスとトマトとズッキーニのカレーの余談

カレーだけで足りなかったらどうしようかと思い、こぎ母が前の日に切ってくださっていた「乱切りじゃがいもと人参」にぶなしめじを加えた、カレーのようなお味噌汁も用意しました。

大きく切ったジャガイモとにんじんとぶなしめじがお鍋の中に入っています。

じゃがいもも人参も大きいです。

カレーの具のようなお味噌汁の具です。

色の薄いカレーに見えなくもないような。

夏野菜のカレーと、じゃがいもと人参のカレーみたいなお味噌汁です。

ズッキーニの梅酢漬けもできました。

ズッキーニを梅酢で漬けた浅漬けです。

実家の母親は、よくズッキーニでお漬物を作ってくれていました。

どうやって漬けていたのか知りませんが、母親は梅酢を使うことがめったになかったので、梅酢漬けでないことは確かです。

自分も初めて漬けました。

すっぱくてさっぱりしていておいしかったです。

こーぎー家では、ズッキーニをお漬物で食べることはあまりなかったのかもしれません。

減らずにずっと残っていたので、ほとんど自分で食べました。

おいしかったです(私には)。

 

カレーの野菜も、ナスとズッキーニはとろとろに煮えておいしい。

トマトは溶けすぎてしまっていましたが、酸味でほんのり酸っぱい夏野菜のカレー、おいしくいただきました。

 

ゴールデンカレー。ありがとう。

お肉を入れていなくても、カレーは野菜でおいしかったです。

ごちそうさまでした。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-らっこ飯, カレー

© 2020 らっこぎ