らっこ飯 ニラ

ふんわり卵のニラ卵スープ。洋風?中華風?|らっこ飯

らっこが作った、ふんわり卵のニラ卵スープです。

食パンのランチに、ニラ卵スープを添えました。

卵がふんわり仕上がって上機嫌。(上出来)

さて、このスープは果たして洋風か?中華風か?

らっこの着地点は、洋中コラボのこーぎー風です。

いってみましょう。

ニラ卵スープ・こーぎー風

ニラ 4本(3cm幅に切る)
とき卵 1個分

水 800ml
ブイヨン 固形タイプ1個(洋風のスープの素ならなんでも)
塩・こしょう 適量
生姜のすりおろし(チューブを使用)2cmくらい
片栗粉 大さじ1強(大さじ2強の水で溶いておく)
ラー油 お好みで

前日の残りの焼き餃子 お好みで

前日の残りの焼き餃子が入っているあたりが、こーぎー風です。

4人分のスープです。

4人分の目安量ですが、らっこはかなり水を少なく作ってしまいました。

 

らっこのニラ卵スープ、こーぎー風に生まれ変わる

ニラ卵スープです。

1.お鍋にお湯を沸かしてブイヨンを溶かし、塩・こしょう、生姜のすりおろしを加えて、好みの加減に味付けします。

2.いったん火を止め、ニラと水で溶いた片栗粉(入れる直前によくかき混ぜる)を加え、再び火にかけてかき混ぜながらとろみをつけます。

3.再び沸いたら、ぐつぐつと沸き起こっているところをめがけて、溶き卵を細く流し入れます。

ふわふわ卵のスープが出来上がります。

4.お好みでラー油を回しかけ、更にお好みで、注いだカップに残りの焼き餃子を投入して完成です。

「いただきます」

(4)の工程で、こーぎー風に生まれ変わりました。

===

小鍋でお湯を沸かしています。

お鍋でお湯を沸かしておきます。

沸かす間はふたをしています。

ニラと卵でかさが増えるかと思い、水を少な目に(たぶん600~700ml)沸かしました。

しかし、ニラと卵では思ったほどかさは増えなかったため、スープ一人分が少なくなりました。

一人分200mlの分量がいいと思います(反省)。

まな板の上のニラ、4本あります。

ニラを刻みます。

ニラは一人分1本です。

まな板の上の刻んだニラです。

3センチくらいの幅で切りました。

卵をよく溶いておきます。

沸いたお湯とブイヨンを溶かしたスープです。

お湯が沸いたら、ブイヨン(スープの素)を溶かし、塩・こしょう、生姜を加えて味を調えます。

好みの味加減にしましょう。

ここ最近気がついたことだったのですが、どうやららっこの体には、スープの素のブイヨンが合わない。(がーん)

マギーブイヨンです。

味は好きなのですが、言葉で言い表すのがちょっと難しい体の違和感(頭がちょっと痛いような、気持ちがちょっと悪くなるような感じ)が起こるので、水に対してブイヨンは少なめです。

本来なら、固形1個で水は300mlだそうです。

ん?それなら食べるなって?

今ある分を使い切ったら、買うのは控えようと思っています(小声)。

らっこは生姜が好きなので、生姜をたっぷり入れたいところですが、こぎ母が、

こぎ母の顔です。困ったようなかなしいような。「生姜はむせるの」

と言うので、控えめです。(でも入れちゃうらっこ)

 

いったん火を止め、ニラを加えて、

火を止めた鍋にニラを加えたところです。

水溶き片栗粉も加えて混ぜます。

水溶き片栗粉を加えたスープです。

水溶き片栗粉は、加える直前によくかき混ぜます。

再び火にかけ(中火)、かき混ぜながらとろみをつけます。

再沸騰したニラスープです。

沸騰したら溶き卵を加えます。

ふんわり卵が固まってきている様子です。

ぐつぐつと泡が立っている、温度が高いところに溶き卵を細ーく流し入れてみてください。

ふんわり卵スープを作っています。

卵がすぐに固まって、ふわふわの卵ができます。

卵は菜箸を伝わせて入れてみたり、穴あきお玉を使うと細く注ぎやすいようです。

らっこの場合、使う道具よりも、卵をよーくよーく丁寧に、白身をすっかり切るようによくほぐしておけば、お玉で垂らしても十分細く注げるかな、と思っています。

スープがぐつぐつ沸き立っていないところに垂らすと、固まるのに時間がかかってしまうのでしょうか。

お好みでしょうけれど、あまり、ふわっとした卵に仕上がらなかったりします。

卵を注ぎ終えたお鍋です。

卵を全部注いだら、火を止めます。

ニラ卵スープにラー油をたらしたところです。

お好みで、ラー油をたらしてみてください。(いい香り~)

カップに注いだニラ卵スープです。

カップに注ぎましょう。(少ないな)

マグカップに注いだニラ卵スープです。

スープカップは3個しかないので、らっこは普通のマグカップです。(少ないな)

 

食パンをこぎ母に焼いてもらい、前の日にこぎ父が買って来てくださった、大葉とねぎの焼き餃子・残っていた5個をレンジでチン。

「いただきます」

餃子を見たツレ。

「スープに入れるとおいしいよ」

とのことで、

残り物餃子を入れたスープ餃子です。

スープ餃子になりました。

最初から、ブイヨンではなくて中華スープの素で作ればよかったかしらん。

ツレの言葉の通り、スープに入れた餃子もおいしかったです。

水餃子が食べたくなるなあ。

 

こーぎーの顔です。笑顔「ニラなんて買ってあったっけ?おいしくできたね」

ツレが言ってくれました。

餃子の出汁がスープに出たのでしょうかね。

結局、洋風?中華風?さてはて。

こーぎー風はおいしかったです。

 

ごちそうさまでした。

読んでくださり、ありがとうございます。

-らっこ飯, ニラ,

© 2020 らっこぎ