みょうが らっこ飯

みょうがと紫蘇の梅和え|らっこ飯

らっこが作ったみょうがと紫蘇の梅和えです。

最近、スーパーでみょうがが少し手に取りやすい値段になってきました。

6月。

なんの記憶でそうなっているのか、らっこは夏のイメージを持っているみょうがです。

6月に食べても、夏を感じるらっこです。

みょうがと紫蘇の梅和え

みょうが 3個(千切り)
紫蘇 大2枚(千切り)

練り梅 1個分くらい
塩 2つまみ
しょう油 気分で
サラダ油 気持ちで

 

すべての材料を合わせて、しょう油やサラダ油を気分で加えて、お好きな味に調えてください。

混ぜてから5分10分たつと塩っ気が落ち着いて食べやすくなります。

 

今回使った紫蘇は、庭で採れたものです。

草むしりをしていたこぎ母が、ツレ(だったかこぎ父)に

「これ、紫蘇じゃない?」

と、地面から10センチばかり背を伸ばした雑草らしき葉っぱを指差し、ツレもこぎ父も確認してみたら、どうやら紫蘇らしいぞと。

「そんなところに植えたかな?あったのかな?」

「家で紫蘇を摘んで食べたっていう記憶はないなあ」

こぎ父もツレも不思議そうでしたが、紫蘇だそうです。

 

時々摘んで食べています。

背丈が10数センチしかないのに、摘んでも葉っぱはしばらくすると大きく育っているので不思議。

紫蘇を使ったメニューが増えるかな?

増えないかな?

 

ツレが庭に「ちりめん紫蘇」と「オクラ」を植えてくれました。

上手く育ってくれれば、きっとたくさん食べられるぞ。

 

 

余談。

ツレとこぎ父こぎ母は、どちらかというと「大葉」という言い方をします。

らっこは「紫蘇」が多いです。

せっかくなので調べてみましたら、植物としては「紫蘇」で、青紫蘇の葉っぱの部分だけを「大葉」と言って売っているとかどうとか。

商品名だとか?

わかるようなわからんような。

「紫蘇ドレッシング」とは言うけれど、「大葉ドレッシング」とは言わないとか。

赤紫蘇は「大葉」とは売られていないとか。

 

うん。

だいたい同じもののことを指して言っているようなので、こーぎー家では何と言ってもいいわ。

 

「うちの庭に大葉が植えてあるんだよね」

は、厳密には間違いになるみたいですが、まあ、言っている意味は分かりますよね。

 

 

ごちそうさまでした。

読んでくださり、ありがとうございます。

-みょうが, らっこ飯,

© 2020 らっこぎ