ねぎ らっこ飯 生姜

生姜ねぎ味噌。ごはんのお供|らっこ飯

らっこが作った生姜とねぎの味噌焼きです。

生姜が1袋89円で買えました。

ねぎとお味噌で生姜がメインのごはんのお供を作ってみました。

生姜の辛味と味噌の塩味、ねぎの食感でご飯がぱくぱく。

生姜を一度にたくさん食べられるので、体がぽかぽか火照ってきます。

オイスターソースが隠し味です。

生姜ねぎ味噌

生姜 1袋(皮をこそいで細切り)
ねぎの青い葉の部分 20cm程度3本分(粗みじん切り)
サラダ油 小さじ1くらい
味噌 大さじ3~4くらい
てんさい糖 小さじ1くらい
だしの素(顆粒)少々
オイスターソース 小さじ2くらい

生姜ねぎ味噌

1.フライパンに、サラダ油と生姜を入れて香りが立つまで炒めます。

2.ねぎも加えて、ねぎがしんなりしてきたら調味料を加え、水分がなくなるまで煮詰めたら完成です。

 

フライパンに入ったサラダ油と刻んだ生姜です。

生姜を炒めます。

フライパンで炒めて、しんなりしてきた生姜です。

油のにおいに負けて、生姜の香りがよくわかりません。

包丁で刻んでいるときは、まな板から良い香りが立っていたのに。

かるくしんなりしてきたので、いいのではないでしょうか。

ねぎも生姜と炒めます。

ねぎを加えて混ぜます。

ねぎもしんなりしてきたところです。

ねぎの青が一層きれいに色づいて、しんなりしてきました。

生姜とねぎに、味噌とてんさい糖とだしの素を加えたところです。

味噌とてんさい糖、だしの素を少々ふりかけます。

焦がさないようによく混ぜます。

油味噌やねぎ味噌を作る時は、「味噌とみりんとしょうゆ」で作ることが多いのですが、みりんをてんさい糖に、しょうゆをだしの素に変更して、「水分少ない系」で炒めてみました。

 

一度味見をしてみます。

味のバランスは良さそうです。

生姜とねぎ味噌にオイスターソースを加えたところです。

オイスターソースを加えてよく混ぜます。

生姜ねぎ味噌を煮詰めています。

混ざりあったところで一度火を止めたのですが、ソースの水分でしょうか?フライパンに水分が残っていたので、もうしばらく煮詰めてみます。

水分が飛んだ生姜ねぎ味噌です。

味噌がぐつぐつ煮立っている状態って、味噌の風味とかなんとか、いろいろ飛んで行ってしまっているんでしょうか。

お味噌汁を作る時には、お味噌はできるだけに立たせないようにして作っているのですが、炒める時ってどうなんだろう?いいのかしらん?とかなんとか考えているうちに、鍋肌についた味噌が乾いてきて、水分も飛ばせたようです。

焦げる直前っていう状態でしょうか。

器によそった生姜ねぎ味噌です。

器によそって食卓へ。

ごはんのお供に「いただきます」

 

-ねぎ, らっこ飯, 生姜

© 2020 らっこぎ