きゅうり らっこ飯 塩昆布

きゅうりの浅漬け。塩昆布と梅肉で|らっこ飯

らっこが作ったきゅうりの浅漬けです。

食卓を見回してあとひと皿!と思った時、野菜室からきゅうりを2本出しました。

梅酢で漬ける浅漬けはお馴染み過ぎるので、そういえば最近ご無沙汰していた塩昆布に登場してもらい、梅肉でらっこ好みの酸味のきいた浅漬けです。

きゅうりの浅漬け

きゅうり 2本(板ずりして薄くスライス。スライサーを使用)
塩昆布 菜箸でひとつまみ
梅肉 ちょこん

1.きゅうりを板ずりして、薄くスライスし、塩昆布、梅肉と混ぜてしばらく置きます。

「いただきます」

 

スライスきゅうりと梅肉と塩昆布です。

ビニール袋に入れて、揉み揉みするのも、ボールの中でお箸で混ぜるのも、タッパーに入れてふたをして、シャカシャカ振って混ぜるのも、どの混ぜ方がお好みでしょうか。

らっこは大抵、ビニール袋でモミモミです。

梅酢で漬ける浅漬けの時は、切り方が大き目の斜め切りがほとんどなので、モミモミが混ざりやすいように感じでいます。

薄くスライスしていて混ざりやすいこの切り方なら、タッパーでシャカシャカすると、そのまま食卓に出してもよし、保存しておくのもよしなのでしょうか。

盛り付けるお皿は変えたほうが、きれいですよね……

と思って今回は、ボールのままで菜箸で混ぜ混ぜ。

スライスきゅうりと梅肉と塩昆布を混ぜて浅漬けを作っています。

ビニール袋でモミモミした方が、味が馴染みやすいのかしら?と、ボールで混ぜると毎回心配になるのですが、食べる頃には大丈夫。

スライスきゅうりと梅肉と塩昆布の浅漬けです。

ちゃんと馴染んで、おいしく食べられます。

梅酢の浅漬けを食べ慣れた舌なので、梅肉はもっと入れてもよかったかもしれません。

酸味が欲しくなります。

 

らっこが使う梅肉は、自家製の練り梅です。

自家製の梅干を練り梅にして、容器に詰めて保存しています。

梅干を、まとめて何個か一度に刻んで練り梅を作っておいて、容器にとっておいているだけのことなんですけどね。

この容器から、使いたいくらいをちょびっとずつ使っています。

1度にたくさん刻むのは少しばかり手間ですが、(そうは言っても5~6個程度)使いたいときに手軽にちょっとずつ使える練り梅式保存方法。気に入っています。

梅干しの作り方の本で、紹介されていた梅干しの保存方法です。

 

チューブの練り梅なんて言うのもあるじゃありませんか。

S&B ねり梅(無着色) 310g

S&B ねり梅(無着色) 310g

640円(12/05 05:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

使いやすそう。

自家製の梅干がなくなったら、こういう練り梅も重宝しそうです。

でもまあちょっとその?、わ……割高かしらん(汗)

 

 

今度はどんな浅漬けにしようかしら?

ごちそうさまでした。

-きゅうり, らっこ飯, 塩昆布,

© 2020 らっこぎ