ひじき らっこ飯 サラダ 暮らし 水菜 鶏肉

ひじき・ささみ・水菜のサラダと庭の草むしり|らっこ飯

らっこが作ったひじきのサラダです。

ひじきのサラダを作りました。

煮物で食べることが多いらっこですが、味付けをせずに、「マヨネーズとかかけて食べてください」と出しました。

「はいはい」とマヨネーズをたっぷりかけて食べてくださったこぎ父は、「こういう、あっさりしたひじきもたまにはいいね」と、たくさん食べてくださいました。

ひじきサラダ

ひじき(乾燥)40g(お湯で戻してよく洗って食べやすい長さに刻む)
鶏のささみ 2本(塩ゆでしてほぐす)
水菜 1株(湯通しして2~3cm幅に切る)
お好きなドレッシング(らっこは断然マヨネーズ)

 

らっこ、ひじきのサラダを作る

ひじきのサラダです。

1.ひじきと水菜とささみを混ぜ合わせます。

2.器に盛り、お好きなドレッシングをかけていただきます。

 

===

乾燥ひじきは、冬は水温が冷たいせいか、水で戻すのには時間がかかりそうなので、お湯で戻しました。

 

塩ゆでしてほぐしたささみが、しっとり仕上がってくれ、いいアクセントになっておいしいひじきサラダでした。

ささみの扱いには経験値が乏しく。まだ戸惑いしかないため、塩ゆでのやり方が定まりません。

沸騰しない程度の温度でしばらく茹でて、筋はほぐしながら取りました。

色々読んでみたところ、予熱のみで火を通す茹で方が、しっとりふっくらさせるらしいですね。

予熱調理に挑戦するのは、いつかね。いつか。

 

今回のサラダには、胡麻ドレッシングや、わさびマヨネーズソースみたいな、少しこってりしたドレッシングとよく合いそうだと、食べ終わってから気がつきます。

 

「あら。らっこさん、ひじきにエリンギ入れてくれたんだ。ね?」

こぎ父がこぎ母に教えてくれていました。

すみません。

「それ、鶏肉です」

 

 

「ああ~、そう……。ほぐすの大変だったでしょう?」

お気遣い、いつもありがとうございます。

 

らっこ、庭の草むしりをする

庭の雑草が元気になってきて、そろそろやろう、そのうちやろうと思うだけで、しばらく放っておいたのですが、いい加減やろう。

草むしり。

 

思い立ってやり始めたら、ツレも一緒にムシムシやってくれました。(すまねえ)

こーぎー家の庭です。

庭に関しては、以前はこぎ母が一生懸命手入れしてくださっていたようですが、病気をしてからはこぎ父が一生懸命作業されていました。

こぎ父にばかりやらせられないと、ツレが率先して草むしりなどをしてくれるようになり、らっこは基本、お家の中におりました。

ツレが除草剤をまいたり、バーナーで雑草を焼いた効果か、冬の間しばらくはすっきりしていたのですが、年が変わり、一番最初に雑草に耐えられなくなったのが、らっこだったようです。

ツレのおかげでさっぱりしました。

どのくらいもつかわかりませんが、またしばらくは大丈夫でしょう。

 

草むしりをした後に、ひじきサラダの写真を眺めていたら、

うわっ

これは……

鶏のササミと水菜が入ったひじきのサラダです。

ひじきの間から顔を出す水菜が、雑草に見えてくる(笑)

 

プチプチ抜きたくなってきました。

 

ごちそうさまでした。

 

 

せっかくなので、こーぎー家の寒あやめをご覧ください。

こーぎー家の庭に咲いた寒あやめです。

冬の暖かな日差しが、花よりも葉っぱに降り注いでおりますの図。

 

読んでくださり、ありがとうございます。

-ひじき, らっこ飯, サラダ, 暮らし, 水菜, 鶏肉

© 2020 らっこぎ