らっこ飯 チーズ ナス

ナスのチーズ焼き。生のナスはご勘弁|らっこ飯

らっこが作ったナスが生焼けのナスチーズです。

ズッキーニで作ったチーズ焼きがおいしくできました。

「今度はナスでも同じ風にして食べたいよ」

ツレが言ってくれたのですが、

「ナスだと焼くのに時間がかかるから、どうでしょう」

渋るらっこに、

「ナスは生でも食べられるんだから大丈夫だろう」

と言ってくれました。

生でも食べられるのだと言うのならと、ズッキーニと同じように作ってみました。

ナスのチーズ焼き

ナス 2本(ヘタを落としてタテ半分に切る)
ピザ用チーズ 適量
ケチャップ 適量

出来上がりはまあ、ご想像の通りです。

おいしくできたのはこちら。

お皿によそったズッキーニのチーズ焼きです。
ズッキーニのチーズ焼き。ケチャップが合うわ|らっこ飯

輪切りにしたズッキーニにチーズをのせて焼きました。 マヨネーズとケチャップをかけて食べ比べてみましたが、ケチャップの圧勝。 ほとんど生のままのズッキーニに、こんがり焼けてとろけるチーズが口の中で出会う ...

 

らっこ、ナマのままのナスのチーズ焼きを作る

ナスのチーズ焼きです。

1.タテ半分に切ったナスに、ピザ用チーズとケチャップをかけて魚焼きグリルでチーズがきつね色になるまで焼きます。

できあがり。

 

 

 

としますと、チーズが先に溶けて焼けていますが、なますほぼほぼナマのまま

生ですよ?ほんと。

ツレはこれでよかったのかしら?

生のナスと、こんがり焼けたチーズを咀嚼しながら

「ナスは生でも食べられるって言っていましたけど、やっぱり生でおいしくないわけじゃないけど、ちょっとなんというか……」

ツレに突っ込むと、

「生でも食べられるっていうのは、漬物とかそういう調理方法の時だよ。焼きナスのナスが焼けていないっておかしいだろ。それじゃあおいしくないよ」

とごもっともなお答え。

 

らっこは生のナスで1枚食べて(ツレにもこぎ父にもなぜか止められたけど、意地で1枚食べきった)、こぎ母のかじりかけ(「焼けてるよ?食べられるよ?おいしいよ?」とこぎ母は言ってくださった)と残りの2枚を、お皿にラップをかけて電子レンジ(500W)で2分チン。

とろけ過ぎることなく、それでも生の食感は感じないくらいに火が通りました。

こんがり焼けていたチーズは再びとろけてそれはそれでおいしくできました。

 

レンジでチンした後のナスの写真?

 

撮らずに食べましたさ。

生ナスを食べたらっこのテンションが低すぎましたね。

 

レンチンで仕上がった後の味は、ナスとチーズとケチャップでまあ、おいしくないわけがない組み合わせですから、おいしくペロリといただきましたとさ。

 

ナス2本です。

こちら、ツレが庭で育ててくれたナスだったりします。

苗から買って来て育ててくれています。

秋までたくさん撮れることを願って、ヘタを落としてタテ半分に切り、皮を下にしてアルミホイルの上に並べます。

切ったナスをアルミホイルの上に並べています。

写真の右側、安定しやすいようにと思って、ナスの底になる部分を薄く切ってみましたが、安定させる効果があったかどうかは不明です。(おい)

生のナスを食べたくない場合(普通食べたくないんじゃね?)この状態でチーズをのせる前に焼くか、お皿を変えて電子レンジでチンしましょう。

ナスにピザ用チーズをかけています。

らっこは生のナスの上にチーズをのせちゃっていまーす。

こーぎー家のグリルは片面焼きで、下からは火が当たりませんので、そりゃあまあ生のままになるわな。

ナスとチーズとケチャップです。

ケチャップもたっぷりかけまして、

魚焼きグリルにセットしたナスです。

魚焼きグリルで焼きます。

受け皿に水を入れて、余熱はせず、強めの中火で一気にチーズを焼きました。

チーズが焼けたナスチーズです。

焼くこと3分。

一気に溶けたチーズがきつね色で美味しそう……

 

そうです。

焼けたのはチーズだけ。

ナスはほとんどナマのまま。

ナスのチーズ焼きです。

お皿によそって「いただきます。」

 

 

からの、レンジで再加熱と相成りました。

 

みなさん。

「ナスは生でも食べられる」

の言葉に騙されてはいけません。

ナスのチーズ焼きは、先にナスを加熱してからチーズと一緒に焼きましょう。

 

ごちそうさまでした。

 

 

読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

ー追記ー

チーズをのせる前にナスを焼いたチーズ焼きです。

焼きナスのチーズ焼きです。

油をかけずに焼いたせいでしょう。

焼けてやわらかくなったナスが乾いてしなびています。

実の部分は加熱によってやわらかかくなっていましたが、皮は異様(?)にかたく、食べにくいとまではいきませんが、食べやすくはありませんでした。

焼きナスのチーズ焼きです。

ナス料理でナス皮に切込みを入れている理由がわかった気がしました。

お漬物とかなら、皮がかたくておいしいのでしょうけど、加熱調理だとかみ切りにくいのかもしれないと。

皮のかたさはともかく、ラップしてレンジでチンして焼いた方が、実はふっくら仕上がるのかもしれません。

 

きちんと焼けたナスのチーズ焼きは、皮はかたかったですがおいしかったです。

 

色々試してみようかと思える食べ比べになりました。

 

ナスとチーズとケチャップだけで食べられる1品。

 

ありがとうナス。ナいスだぜ。

-らっこ飯, チーズ, ナス

© 2020 らっこぎ