きゅうり じゃがいも らっこ飯 カレー ツナ マヨネーズ

カレー風味のポテトサラダ。マヨネーズケチり過ぎ|らっこ飯

らっこが作ったカレー風味のポテトサラダです。

カレー風味のポテトサラダです。

辛すぎたら食べにくいかと思い、カレー粉もマヨネーズもかなり控えめ。

ポテトサラダとしておいしくいただくには、カレー粉も特にマヨネーズもケチらないことですね。

カレー風味のポテトサラダ

じゃがいも 8個(薄いいちょう切り)
コーン(冷凍)お玉2杯

きゅうり 1本(板ずりして輪切りにして塩もみ)
塩こしょう 適量
ツナ(缶詰/油漬け)1缶80g
マヨネーズ 大さじ2(以上推奨)
カレー粉 小さじ1(以上推奨)

市販のポテトサラダというのは、遠慮なくマヨネーズを使っているからおいしいらしい(らっこ調べ)ので、自分で作る時くらいは控えめに、なんて思って作るとちょっと、やっぱりどこか物足りない気がします。

おいしいのですが、絶品とは言えない仕上がり。

どうぞ遠慮なくマヨネーズを使いましょう。

カロリーなんか気にしない!

そんな勇気が必要そうです。

 

らっこ、カレー風味のポテトサラダを作る

1.火が通りやすいように細かく切ったじゃがいもをやわらかく蒸し茹でにします。

自分にとってやりやすい方法(レンジとか丸ごと蒸すとか茹でるとか)が一番ですよね。

2.やわらかくなったじゃがいもを潰して、コーン(凍ったままでOK)塩こしょうを加えてよく混ぜ、常温になるまで冷まします。

3.じゃがいもが冷めたら、ツナ(油ごと)、マヨネーズ、カレー粉、塩もみしたきゅうりの水気を絞って加えてよく混ぜ、塩こしょうでもマヨネーズでも足りないものはしっかり加えて味を調えます。

器によそって完成です。

 

===

4人で食べるポテトサラダ。

じゃがいも8個使いました。

まな板の上のじゃがいもです。皮をむいたじゃがいもです。

皮をむいて火が通りやすいように細かく切ります。

いちょう切りにしているじゃがいもです。

7~8ミリ幅のいちょう切りにしました。

フライパンに入った刻みじゃがいもです。

フライパンに入れて水(分量外)を100mlくらい注ぎます。

写真のフライパンにはすでに水が入っていますが、まったく見えませんよね。

見えないくらいでも大丈夫です。

ちゃんと火は通ります。

じゃがいもを蒸し茹でにしています。ふたに水滴が付いているフライパンです。

ふたをして中火にかけ、沸騰したら弱火にしてやわらかくなるまで蒸し茹でにします。(10分~15分)

 

じゃがいもを火にかけている間に、きゅうりを板ずりして輪切りにして塩もみしておきます。

まな板の上のきゅうりです。 塩もみしているきゅうりです。

きゅうりの中に空洞?穴ぼこがあったため、途中から半月切りです。

きゅうりをポテトサラダに混ぜた時に水っぽくならないほうがおいしいと思っているので、水分を抜くための塩もみです。

じゃがいもを蒸し茹でにしています。

火にかけて10分で、十分食べられるくらいやわらかくなりました。

じゃがいもから出た水分でシャブシャブしています。

潰しやすいくらいやわらかくしたかったので、もう少し火にかけようと、結局15分程火にかけました。

水気がすっかり飛んで、若干香ばしい香りもしていました。

香ばしいその香りを、焦げる寸前といいます(セーフッ)。

簡単につぶせます。

好みの加減に潰します。

今回は、少し粒が残る程度です。

コーンと塩こしょうをして味をつけます。

コーンは冷凍ものを使っていますが、凍ったままで大丈夫。

じゃがいもの予熱でしっかり解凍されます。

マヨネーズの使用量をを控えようと思っているので、この時にしっかり味は付けました。

塩こしょうは振りかけながら加えたのでどのくらいかけたかわかりませんが、味見をしながら加減します。

甘いじゃがいもが熱い状態でマヨネーズを加えると分離してしまうらしいので、一応常温に戻るまで冷まします。

火を通したフライパンのままで混ぜていることもあり、冷めにくいとは思うのですが、火を止めてから潰して冷凍のコーンも入れて塩コショウして混ぜている間に、ある程度は冷めていると思います。

このままマヨネーズを加えて分離したと感じたことは特段無いので、冷まさなくても大丈夫だと思っています。らっこは。

思っています。

(でも冷ますらっこ)

ツナ缶にマヨネーズとカレー粉を加えて先に混ぜてみました。

これだけでご飯にのせて食べたい。

冷めたじゃがいもに、水気を切った塩もみしたきゅうり、ツナを油ごと、マヨネーズ、カレー粉を加えて混ぜます。

きゅうりの塩気が気になったら、軽く水洗いしてから加えます。

らっこはそのまま絞って加えました。

ツナとマヨネーズとカレー粉を混ぜる前に混ぜ合わせたからと言って混ざりやすいこともないような気もしましたが、どうでしょう。

カレー粉は混ざりやすかったはずだと信じています。

たぶん。

味見をして、塩でもこしょうでもマヨネーズでも足りない味を足して好みの味に調えます。

らっこは塩こしょうで付けた下味以外、何も足しませんでした。

器によそって完成です。

 

「いただきます。」

 

カレー粉はとても控えめで、カレー味ではなくてあくまでも風味程度でした。

辛くなくて食べやすかったですが、もう少し刺激があってもいいかもしれないと感じました。

辛くないポテトサラダを作って、少し辛めのカレーソースを作ってかけて食べるとか?

そんな食べ方どうでしょう。

手間が増えるだけかしら。

 

マヨネーズは控えめですが、ツナ缶の油でそれほど物足りないこともないかと。

 

 

 

ふふふ。

 

 

 

そんなこともなくてね、やっぱり少々物足りないのです。

食べきれずに残ったお茶碗1杯分くらいのポテトサラダに、

マヨネーズを大さじ2程追加。

 

じゃがいも8個に加えた量と同じくらいのマヨネーズを、じゃがいも1~2個分程度の残りに加えるらっこ……

混ぜ合わせていくと……

ポテトサラダらしくなりました!

(らしくってなんじゃい)

せっかくなので黒こしょうを追加して振りかけました。

 

マヨネーズは、たっぷりの方が落ち着きます。

 

追加を知らずに食べたツレが

「サラダがおいしくなってる!」

と言ってくれたので、マヨネーズを追加したことを伝えると

「なるほどね」

と納得したようでした。

 

でもそう、やっぱりおいしくなっていますよね(同感)。

 

カロリーを控えたい(らしい)ツレには、内緒にしておいたほうがよかったのかもしれません。

 

芋好きならっこは、どんな味でもポテトサラダが好きなのでした。

よしまた作るぞ。

 

 

ごちそうさまでした。

読んでくださりありがとうございます。

-きゅうり, じゃがいも, らっこ飯, カレー, ツナ, マヨネーズ

© 2020 らっこぎ