らっこ飯 カレー キャベツ ツナ

キャベツの外葉は希少部位。高級おかずです|らっこ飯

らっこが作ったキャベツの外葉の炒め物・カレー味です。

キャベツの外葉、炒めてツナカレー味にするとめちゃめちゃおいしいんです。

緑が鮮やかで歯ごたえがあってカレー味と相性がいい!

ツナ缶の油を使わないサラダを作ったので、残った油で炒めてカレー粉とマヨネーズで味をつけました。

1玉のキャベツから取れる緑の濃い硬い葉っぱは、数枚程度ですから、大変希少部位で一度にたくさんは作れません。

ツレが「おいしい!もっと食べたい」(嬉しいありがとう)と言ってくれても、「はい、もう、材料がございません」

ということで、キャベツの外葉は希少部位ですので、高級おかずに認定です。

キャベツの外葉の炒め物

キャベツの外葉 2枚(千切り)
ツナ(缶詰/油漬け)の油 あるだけ
カレー粉 小さじ1/2くらい
マヨネーズ ちょぴ
塩コショウ フリフリ

キャベツの外葉の炒め物。ツナ油とマヨカレー味

1.キャベツの外葉を千切りにします。

2.フライパンにツナ缶の油をたらし、キャベツを炒めます。

3.キャベツがしんなりしてきたら、塩コショウで味をつけ、カレー粉、マヨネーズを加えて混ぜたら完成です。

 

キャベツの葉っぱは、丁寧に洗います。外側ですからね。

黒くなってしまっているとことなどは取り除き、千切りにします。

葉も芯もどちらも硬いので、区別せずに刻みます。

フライパンにためたツナ缶の油です。

フライパンに、ツナ缶の油をたらします。

ひと缶分ですが、大さじ1~2くらいはありそうです。

ツナの身が混じるのはウェルカムです。

キャベツを入れ、中火で炒めます。

キャベツの外葉を炒めています。

緑が鮮やかになり、しんなりしてきたら塩コショウをして味をつけます。

キャベツの外葉とカレー粉とマヨネーズです。

カレー粉とマヨネーズを加えて混ぜます。

ツナ缶の身(ツナ)はサラダに使っていたので、キャベツと合わせるツナはありません。

ツナの代わりに旨味になりそうなものって考えた結果がマヨネーズでした。

すべてを混ぜて焼きあがったキャベツの外葉です。

ツナの油とマヨネーズでフライパンがギットギトです。

この油が旨味なのでしょうか。

火を止めて、器に盛ります。

器によそったキャベツの外葉の炒め物です。

小鉢によそって、「こもん」くらいの量を、4人で「いただきます」

 

早い者勝ちです。

 

ツレのリクエストにお答えするには、またキャベツを買ってもらいませんとね。

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-らっこ飯, カレー, キャベツ, ツナ

© 2020 らっこぎ