ちくわ らっこ飯 セロリ ツナ マヨネーズ

セロリとツナちくわのサラダ。マヨネーズをかけて|らっこ飯

らっこが作ったセロリのサラダです。

こーぎー家に来て以降、初めてセロリを買ってもらいました。

実家ではよく母親に食べさせてもらっていましたが、こーぎー家でいただくのはおそらく初めて。

食べ慣れてはいるけれど、自分で買って洗って切るのは初めてだったので、切って混ぜるだけの簡単サラダにしました。

絶対おいしい組み合わせです。(らっこの個人的好みです)

セロリとツナちくわのサラダ

セロリ 1本(筋を切るように薄切り)
ちくわ 小2本(セロリに合わせて半月切り)
ツナ(缶詰/水煮)1缶80g(水気は軽く切る)

マヨネーズ 適量
粒こしょう 少々

セロリの筋取り?

え?なんですかそれ?

らっこ、予習不足でした。

 

らっこ、セロリとツナちくわのサラダを作る。

セロリとツナちくわのサラダです。

1.刻んだセロリとちくわ、ツナを和えて器に盛り、好みでマヨネーズ、粒こしょうを軽く振る。

「いただきます」

2.そのままサラダで食べてるのもよし。

かるく焼いたパンにのせてサンドウィッチにして食べるのもよし。

かるく焼いたパンにはさんで食べたセロリとツナちくわのサラダです。

うまし!

 

===

セロリ1本です。

二日前に買ったセロリだったのですが、買ってそのまま野菜室に入れていました。

買った時よりも、心なしか葉に元気がありません。

後で調べて知りましたが、セロリは葉の部分から水分が失われやすいため、葉の部分と茎の部分とを切り離して別々に立てて保存しておくと鮮度が保たれやすいのだそうです。

もちろん、ビニール袋に入れるなどして。

カブや大根と同じですね。

買ってきたとき、「切り分けておこうかな?」とぼんやり思ったのに、そのまま野菜室につっこんだからなぁ……

これ以上しんなりする前にいただかなくては。

まな板の上のセロリです。

洗って、まな板の上にのせて、ええっと?

葉と茎を切り分けたセロリです。

葉の部分と茎の部分とを切り分けてみました。

後で調べたら、筋を取るのはこの時のようでした。

取ってませんけど。

筋の取り方は、今度また買って来て食べるときに……

セロリを筋を切るように薄切りにしています。

茎の部分は、筋を切るように薄切りにしました。

これも後で調べましたが、この薄切りなら、筋を取っていなくてもそれほど食感が悪くなるものではないそうです。

どうりでなんでもなくおいしく食べられたわけだわ。

ボールに入っている薄切りにしたセロリです。

ボールに入れます。

セロリの葉です。

葉の部分はどう切ろうかしら?

セロリの葉を刻んだところです。

茎は細かく、葉の部分は1cm程に切りました。

ボールに入れます。

セロリを刻みながらいい香りが漂っていました。

全部使うのがもったいなくて、葉の部分は少し残して、いつか何かに使おうと思います。

ちくわ小2本です。

ちくわも刻みます。

セロリに合わせて半月切りにしているちくわです。

セロリに合わせて半月切り。

途中であることに気がつきます。

セロリに合わせて半月切りにしているちくわです。ちくわを置く向きを変えた様子です。

ちくわは、切り口を下にしてまな板に置いた方が切りやすい。

小さなことですが、これ大事。(らっこには大事な経験値です。初心者すぎてすみません)

刻んだら、ボールに入れます。

セロリとちくわとツナがボールに入っています。

ツナもボールに加えます。

今回は、水煮のツナ缶を使いました。

ツナの水ごと入れたら、べちょっとなるかと思って、水分は軽く切りました。

 

混ぜ混ぜ。

 

器によそったセロリとツナちくわのサラダです。

器に盛ったら色味がきれいだったので、トッピングもしちゃいます。

セロリとツナちくわのサラダにマヨネーズをかけた様子です。

マヨネーズを細くギザギザ絞り出し、黒の粒こしょうをかけました。

 

「いただきます」

そのまま食べても勿論おいしかったのですが、パンにのせて食べてみましたら、

かるく焼いたパンにはさんで食べたセロリとツナちくわのサラダです。

こいつは良い相性だわ。

かるく焼いて乾いた薄いパン(8枚切り)に、ツナとマヨネーズとセロリの香りと食感が合う!

 

セロリとツナちくわのサラダの余談

こぎ父の顔です。驚いた表情。「お?このサラダおいしい!お母さん食べてごらん?セロリだよ」

らっこの記憶の限りでは、こーぎー家ではセロリを食べたことがなかったので、作りながら

らっこの顔です。困惑もしかして、こーぎー家はセロリが好きじゃないのかもしれない?そんな可能性もあったよね?

そんな当たり前なことに考えが及びました。

セロリって、好き嫌いがわかれやすい野菜のひとつなんでしょうかね。

スマップの歌が頭を流れました。

買ってもらう時に、ツレに好きか嫌いか聞いてからにするんだったかな?

 

内心弱気になっており、何も言わずに食卓に出していたのですが、こぎ父のナイスリアクション。

こぎ父の顔です。にっこり。「香りとほら、食感がいいよね」

一口食べて、すぐにセロリに気がついてくださったようでした。

こーぎー家ではそれこそ何年ぶりに食べるのかは聞きませんでしたが、かなり久しぶりだったでしょう。1年?2年?

こぎ母は、

こぎ母の顔です。困った感じの表情です。「セロリ?どんなのだっけ。見れば思い出すかな?」

サラダを作る前にらっこが撮影しておいた写真が役に立ちました。

こぎ母の顔です。しっかりした意思表示です。「あぁあぁ。これね?セロリ。うん。わかった」

お味も嫌いではないようでした。

よかった。

 

ごちそうさまでした。

 

らっことセロリのお話。余談

以前、妹の部屋に一晩お世話になったときのこと。

朝ごはんに、きれいに焼いた卵焼きと緑色の葉っぱのサラダをごちそうになりました。

何のサラダだろうこれ。

食べながら妹に、

「これは何ですかいな?セロリみたいな味がするけど?」

とたずねると、妹は一瞬驚いたような表情をして、すぐに笑いをこらえながら、

「セロリだよ」

と教えてくれたのでした。

そうか。セロリだったのか。

たしか、こんな感じでした。

セロリの葉です。

茎の部分には馴染みがあったのですが、葉っぱだけ見てもわかりませんでした。

まあ、らっこが買い出しや料理をしていないことを妹もわかっていたので、「セロリだよ」以上の言葉はありませんでしたが、なんだか妙に記憶に残っていました。

おいしかったよ、卵焼きとセロリのサラダ。

 

ごちそうさまでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

-ちくわ, らっこ飯, セロリ, ツナ, マヨネーズ

© 2020 らっこぎ